306

平成の絵師が描く襖絵。格式ある寺院と現代アートの融合が自慢

Loading...

紅葉や春秋の幻想的なライトアップで知られる青蓮院門跡。華頂殿には絵師・木村英輝氏が描いた「青の幻想」「生命賛歌」「極楽浄土」と美しい蓮の襖絵が並びます。不思議とマッチするお寺と現代アートの融合は見事!◎紅葉時などでない期間は土日でもゆっくりと襖絵や境内を楽しめますよ!拝観料500円、ライトアップは夜間特別拝観料800円で昼夜入れ替え制ですので注意!

×
ログイン