青森県の観光スポット

青森県でおすすめの観光スポットを紹介します。実際に青森県を訪れた旅行者や地元民が投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった観光スポット』の口コミを基にランキングを掲載しています。

青森県の観光スポット口コミランキング [1-10]

1
11511marimtim

秋と冬の狭間にしか見れない雪と紅葉のコラボレーション

気温が低くなる11月のこの時期、紅葉が終わりきらないうちに雪がうっすら積もり、色鮮やかな紅葉を引き立てて特別な景色を見せてくれました。紅葉と雪のコラボが見られるのは降雪が早い地域だけ!

227marimtim

雪像と温かな灯りで冬でもにぎわう、弘前城の雪燈籠まつり

弘前ねぷたの錦絵を使用した雪像や、ミニかまくらおよそ300基が温かな灯りで冬を彩ります。雪像に映すプロジェクションマッピングや津軽錦絵大回廊など、見どころ満点で楽しめますよ!

226yascolo

弘前の冬は綺麗で楽しいぞ!イベント『弘前城雪燈籠まつり』

雪が降り、寒さが厳しい冬の青森県。でも弘前城公園では冬のイベントが楽しめます。たくさんの灯篭やミニかまくら、イルミネーションなど、寒さを忘れる美しいものばかり!◎弘前駅からバスが出ていますし、駐車場も周辺に数多くあります。

2

弘前公園

720daiki

今にも動き出しそうな推定樹齢300年のイチョウの巨木

弘前公園の中には推定樹齢が百年を超える古木がいくつも立っています。中でも、根っこの部分が露出していて動き出しそうな雰囲気のある推定樹齢300年を誇るイチョウは見応え抜群です。

698daiki

あなたは発見できるかな?園内に浮かぶハートマーク

弘前公園には頭上に浮かぶハートマークがあります。選定の技術力が高い弘前ならではの桜の木であり、春にはピンクになりさらにロマンティック。目印もあるので、公園散策中に探してみてはいかがでしょう。

181marimtim

約2600本の満開の桜が咲き乱れる、弘前さくらまつり

2018年に開催100周年を迎えた弘前さくらまつりは、日本最古のソメイヨシノをはじめ見どころが盛りだくさん!昼間の桜も素敵ですが、うっとりするほど美しい夜桜もオススメです。◎開催期間:4/21(土)~5/6(日)ライトアップは日没から23時まで。

3

奥入瀬渓流

507marimtim

奥入瀬渓流を彩る、散策がさらに楽しくなる紅葉の風景

青々と茂っていた奥入瀬渓流も、紅葉で色づくと雰囲気がガラッと変わります。渓流沿いの遊歩道を歩けば出会う滝の数々と、黄金の森。新緑の季節とはまた違う見どころがたくさんあります。

471marimtim

心を洗われるような景観とマイナスイオンを味わえる奥入瀬渓流

生い茂る緑の迫力と、しっとりした濃密な空気。渓流のなかの緩急が、さまざまな表情をみせてくれます。今の時期は、遊歩道に紫陽花を見ることができそう。

97daiki

緑のトンネルの中を流れる清らかな渓流

青森県の南部に位置する十和田湖。奥入瀬(おいらせ)渓流とは、その湖畔から流れる奥入瀬川の渓流を指します。自然林に囲まれた遊歩道を歩けば、銚子大滝や雲井の滝など数々の渓谷美に出会うことができます。

4
481yascolo

見ていて吸い込まれそうなブルー!神秘的な青池

新緑の森の中。この湖の青は深く、見ていて意識が吸い込まれそうでした。この神秘的な池、是非見に行ってみてください!

1552imarina

自然の神秘!目を疑うほど青い湖

世界遺産・白神山地の自然林とそこにある湖沼群を散策できる十二湖エリア。中でも「青池」の美しい青色は目を疑うほどです。ちなみに、青池がなぜこんなに青いのかは、現代の科学でも解明されていないのだとか。

5

岩木山神社

3931daiki

岩木山が背後にそびえる神聖な境内

地元の人たちに津軽富士と呼ばれ愛されている岩木山。その麓に岩木山神社は位置しています。「奥の日光」の異名を持つ社殿はとても美しく、岩木山訪問の前に立ち寄りたいスポットです。◎「写真はお山参詣というイベント時のもの」

6

津軽国定公園袰月海岸高野崎

627marimtim

本州の北の端、透き通るほど美しい海岸から一望できる景色

晴れた日には北に北海道、西に龍飛崎、東に下北半島が一望できる景勝地です。遠くまで見渡せる広い海と空に、心まで開放されるよう。

7

菜の花フェスティバル横浜町

317yascolo

5月に横浜で菜の花!?日本最大級の作付面積を誇る菜の花畑

横浜といっても、神奈川県ではなく、青森県の陸奥半島にある横浜町。ここには日本最大級の作付面積を誇る広大な菜の花畑があり、5月中旬から下旬にかけて見頃!菜の花迷路や菜の花ドーナツなど、五感で楽しめます♪◎このスポットの住所は迷路などのある菜の花フェスティバルのメイン会場ですが、他にも菜の花畑があり、晴れていると吹越烏帽子岳や、陸奥湾越しの釜臥山と菜の花の絶景を楽しめるかもしれません。道の駅よこはま「菜の花プラザ」には菜の花グルメも。アクセスは基本的には車やタクシーか、バス+徒歩ですが、イベント期間中はJR陸奥横浜駅から無料シャトルバスが出ることもあります。

149daiki

日本三大霊場の一つ!恐山で見る宇曽利湖

イタコで有名な恐山ですが、恐山と言うのは山ではなく霊場を指します。その真ん中にぽっかりとあるカルデラ湖は宇曽利湖(うそりこ)といい、とても神秘的な色で静かに訪問者を魅了しています。

1201marimtim

陽が差し込んで真っ赤に色づく蔦沼の紅葉

紅葉の季節の八甲田・蔦沼は、朝陽が差し込む瞬間に森が一気に色づき、静かな水面に映ります。息をのむほど美しい絶景!青森自慢の水鏡です。凛とした秋の空気のなか、贅沢なこの絶景をぜひ体感してほしい…!

10

十和田湖

81yascolo

紅だけじゃない!色とりどりの暖色の木々に包まれた美しい湖

東北の紅葉は紅色だけでなく、オレンジや黄色などの様々な暖色系の色合いが混ざったカラフルなもの。十和田湖のブルーの周りには、朝陽に照らし出された紅一色から始まり、昼になると鮮やかな錦秋の紅葉が現れます!◎新青森駅や八戸駅からバスでアクセスできます。車を運転できるなら、是非湖の周りを思い思いにドライブしてみましょう。遊覧船もあります。

PREV

ログイン