北海道の観光スポット

北海道でおすすめの観光スポットを紹介します。実際に北海道を訪れた旅行者や地元民が投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった観光スポット』の口コミを基にランキングを掲載しています。

北海道の観光スポット口コミランキング [1-10]

1展望花畑 四季彩の丘

北海道を代表する景勝地、美瑛にある四季彩の丘。丘陵地に植えられた農作物やお花畑から作り出されるパッチワークの景観は、まるでカラフルな絵の具のパレットのように美しく鮮やか。園内を走れるカートもお勧め!◎グリーンシーズンは4月下旬から10月下旬まで

kyoko190319.08.15

美しいお花の絨毯

北海道、美瑛にある四季彩の丘は、ダイナミックでカラフルな丘陵地の様子がとても人気の場所。春から秋にかけて約50種類の花を植え替えているそうで、5月~10月にかけての長期間に渡って様々なお花と景色が楽しめます。特に夏の時期にカラフルになるので、夏がオススメです。

丘の上に広がるお花畑は一面多種多様なお花が植えてあり美瑛なではの丘の上の景色と共に楽しむ事ができます。毎年お花の品種や色合いが変わる為年に一度は訪れたくなるスポットです。

2青い池

美瑛駅から車で約20分。ポツリと表れる青い池は、人の手と自然が織り成した、正に奇跡の池。火山災害を防ぐための堰堤に水が溜まったのが、この青い池。秘密は水の成分にあったのです。

秋になると周りの広葉樹が赤や黄色にお直しして春夏と違った美しい景色に出会えます。

四季を通じさまざまな景色を楽しめる青い池 秋にはカラマツの黄葉 12月には結氷まえのライトアップがオススメです

3ひまわりの里

23ヘクタールの広大な丘一面が黄色が彩られる“北竜町ひまわりの里”。150万本のひまわりが咲く景色は日本の絶景としても人気☆8月20日まで「ひまわりまつり」が開催されています♪日本一のひまわり畑にぜひ◎入場料:無料(ひまわり迷路は300円)・駐車場:あり・ひまわり観光センター 8:00〜18:00・アクセス:新千歳空港より車で約2時間

作付面積日本一の、北海道 北竜町のひまわりの里で開催中のひまわりまつりでは、150万本のひまわりが咲き誇り、会場内には毎年恒例のひまわりの迷路も登場!見頃は8月がオススメ!◎開催期間は2018年7月14日から8月19日まで。ひまわりの里限定のひまわりの種入りのソフトクリームも是非食べてみて下さい〜!ひまわり迷路のみ有料です。ひまわり畑は入場無料です。

作付け面積日本一の北竜町のひまわり畑 は ひまわり迷路で楽しんだり トラクターバスやレンタル自転車で周ることもできます 会場で食べるひまわりソフトクリームは香ばしくて美味しいですよ

4クリスマスツリーの木

『クリスマスツリーの木』は美瑛の丘に立つトウヒの木。下にはジャガイモ畑が広がり、夏には花を咲かせ、そして冬には白銀の丘に!畑には絶対に入らず、道路の上からじっくり眺めてみてください。◎基本的にはレンタカー。鉄道を使う場合は美馬牛駅が近いですが、美瑛駅からタクシーを使った方が良いかもしれません。

美瑛の人気スポットクリスマスツリーの木。四季を通して美しい姿に感動します。特に雪の積もったこの季節。その姿は正に天然のクリスマスツリーです!

広大な敷地に凛と立つクリスマスツリーの木。名前の通り、クリスマスの飾り付けをしたくなるような美しい木です

5モエレ沼公園

もともとゴミ処理場があった場所とは思えない、イサム・ノグチが建築したモエレ沼公園のガラスのピラミッド。山に登ると札幌市を一望できます。とても気持ちがいいです。

各エリアに洗練されたデザインの施設があり、それが全体で一つのアートをなすような公園です。とても広々とした公園で、芸術を楽しむほか運動などもできます。

ずっと実物を見てみたかったイサム・ノグチ設計のガラスのピラミッド!モエレ沼公園の豊かな自然の中にうまくとけ込んでいて素敵でした♪

6神威岬

ちょっとドキドキする細い通路や階段を歩きながら積丹ブルーの海を眺められます。振り返ると半島の大自然がまた美しい。

かつて奥州から逃れてきた源義経に恋した女性が北へ旅立った義経の後を追って身を投じ以来、この場所を通る船が転覆したという由来を持つ岬。その悲しい言い伝えとは逆に、見る者を圧倒する美しい景観が望める。

神威岬では透き通るような青い海を360度見渡すことができます。風が強かったり、天気が悪かったりと、積丹ブルーを見られる方はラッキーかもしれません(^-^)

7小樽運河

観光スポットとしても人気の小樽運河。夜になるとガス灯が灯り昼とはまた違った幻想的な空間に。ライトアップされた倉庫群が水面に写る様子はとてもキレイです。散策道も整備されているので夜のお散歩にもオススメ♪◎車:新千歳空港から高速道路経由で約1時間10分。電車:新千歳空港から快速エアポートで約1時間10分。JR小樽駅下車、徒歩8分。

雪祭りの季節になると、小樽港へ続く道は美しいキャンドルの灯りで照らされます。道の脇にかわいく映えるキャンドルは、心もホッと温かくなります。

昼は北国の澄んだ空に、夕暮れ時はガス灯に照らされたノスタルジックな雰囲気。石造りの倉庫は現在はレストランやショップになっている。

8ファーム富田

短い夏の北海道屈指の観光地で、ラベンダーを中心とした15ヘクタールを誇る花畑がつづきます。毎年七色の鮮やかな花々が緩やかな丘に虹のように咲き誇ります!◎アクセスはリンクを参考にして下さいね。道外からのアクセスは旭川空港からが1番近いです。

北海道富良野でも特に人気のあるスポット。ラベンダー畑を中心に色とりどりの花畑は、まさに北海道で見ておくべき絶景でした。夏が見頃ですが、季節によってもお花が変わってくるのでその時々の美しさも楽しめます。

車で近寄るといい香りが漂ってきます。何十年もの歴史があるのに今も変わらず綺麗に咲くのはお手入れが行き届いているからです。圧巻のラベンダー畑にぜひ行ってみてください!見頃は7月中旬、入場料無料。

9野付半島

海水で侵食されたトドマツの枯死風景でこの世の果てと呼ばれるトドワラ、潮の満ち引きで風景が変わり早朝の凪のリフレクションはそれはウユニ塩湖を思わせる絶景でした!冬は結氷した上で水平線ウォークを楽しめます

地盤沈下によって沈み続けている野付半島。枯れた木々が、この世の果てを連想させる景色です。 冬は湾の中が凍って、海の上を歩けるように! 空と繋がった光景は雲の上に立っている気分でした。

野付半島は地図で見ても変わった形の細い半島。茫漠とした世界の果てのような景観の中に、6月になると北海道ならではの花が美しく咲きます。奥には立ち枯れた木々が印象的な『トドワラ』もありますよ。◎駐車場完備。公共交通機関の場合は、釧路駅などからバスも利用できます。

10旭岳

北海道内最高峰の旭岳。その旭岳の勇姿が水面に映る姿見の池周辺が散策路になっています。春~夏は一面に咲く高山植物、秋には真っ赤に染まる紅葉を楽しめ、感動する美しさです。

大雪山の紅葉は日本一早いことで有名。そんな山岳紅葉をロープウェイで楽々見に行けちゃいます。姿見の池方面も綺麗ですが、裾合平方面に少し足を延ばすと、眼下に広がる紅葉が見事でした!◎2018年の地震で一時運休してましたが、現在は再開してます。ロープウェイの山麓駅付近に駐車場完備。旭川駅発、旭川空港経由のシャトルバス「いで湯号」もあります。撮影の際には望遠レンズもあると便利ですよ。

天候が良い旭岳に行くと強風によってできるシュカブラとサンピラーを見る事が出来ました。冬の自然の芸術をみれて感動しました。

PREV

×
ログイン