高知県の観光スポット

高知県でおすすめの観光スポットを紹介します。実際に高知県を訪れた旅行者や地元民が投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった観光スポット』の口コミを基にランキングを掲載しています。

高知県の観光スポット口コミランキング [1-10]

1室戸ジオパーク

地球、大地を学び楽しむことができる室戸ジオパーク。中でも亜熱帯性植物『アコウ』の大地に根を張り巡らせ、枝の伸びる様は生命力をまざまざと感じとれる場所。そこはまるでラピュタの世界でした♪◎国内にも数あるジオパークの中でも、室戸はユネスコ世界ジオパークに認定されている貴重な場所。またアコウは市の天然記念物に指定されています。

砂や泥が海底で重なり、ミルフィーユ状の岩となり、長い年月をかけて地上へと押し出されてきた「タービダイト」。もともと海底だった場所に触れることができる貴重な場所で、自然のアートのようでした♪◎ねじれながら海底から隆起した、縦じま模様のタービダイト層です。近づくと想像以上に大きく、自然のエネルギーの大きさを感じる場所です。

駐車場から徒歩30秒。別世界が広がる室戸岬の遊歩道。熱帯の植物が繁殖し、薄暗く怪しい様子はまるでジャングルです。中でも剥き出しの太い根が岩を包む、印象的なアコウの木からは、自然の神秘とパワーを感じます。

2高知城

春の高知城は、県内で人気を誇る桜の名所であり、多くのお花見客で賑わっています。日本100名城に選ばれる高知城を桜が彩り、さらに美しく見えます。◎見頃は例年3月下旬から4月上旬。

少し急な階段を登っていくと各階には様々な展示品をみることができ、そして一番上にたどり着いた時、高知市街を一望できます

3ひょうたん桜

仁淀川町にあるエドヒガンザクラの古木『ひょうたん桜』。つぼみがひょうたんに似ていることから名付けられたそうです。この桜は500年もの間、この地域を見守り続けてたんだな…そんな桜と町の素敵な風景でした!◎アクセスは基本的に車のみ。運転できない方はツアーに参加されることをお勧めします。

まだ薄暗い時間から撮影しました。辺りは鳥の声しか聞こえず、自然をいっぱいに感じられます。樹齢は500年、樹高は21mもあり、佇む姿は圧巻です。周りにもたくさん桜の木があるので、景色も楽しめます♪

4桂浜

月の名所として名高い桂浜は坂本龍馬が愛したとも言われているようです♡太平洋を一望でき、周辺には坂本龍馬像やお土産店など観光スポットも多数あります♪

砂浜がとてもきれいに整備されており、その砂浜から見る太陽に照らされた太平洋の地平線は、ロマンチックで美しい。デートスポットにもおすすめです

総高は13.5mの坂本竜馬像は桂浜の小高い丘の上にあります。歴史的にも有名な坂本竜馬の像を高知に来たときにはぜひみてください。ここからの太平洋もとてもきれいですよ

5柏島海水浴場

高知県の西端にある柏島。エメラルド色の透き通る海は、沖縄にも負けていない、まるで地中海のようだ、と話題になっています。アクセスが悪い反面、のんびりと楽園気分を楽しむことができました。◎橋の下は岩場があり、足を怪我しやすいのでマリンシューズやラッシュガードを着用することをお勧めします。橋の手前には砂浜のビーチもあります。

美しい海の広がる柏島。その下に潜っていくと、魅力的な海の生き物たちに出会えました!そんなわけで、柏島はダイバーたちにも注目されてます。体験ダイビング可能な店もありますよ。◎ダイビングはライセンスがなくても体験ダイビングという形で潜ることができます。(柏島のダイビングショップもできます。)ただ、何回も潜りたい場合はやはり不向き。近所でライセンスを取得することを勧めます。

6にこ淵

水質日本一を誇る仁淀川の支流にある滝壺『にこ淵』。透明度が高くエメラルドに近い色は仁淀ブルーと呼ばれ、その美しい景観を見ることができる代表的なスポットです。道程は大変ですが、神秘的な絶景を楽しめます♪◎「グリーンパークほどの」を目指す途中に看板があります。滝壺に降りる時は、約4mくらい鎖を伝って行きます。最も美しく見えるのは太陽が真上の時。

高知県を流れる仁淀(によど)川は、水質ランキングで何度も日本一に輝いているほど水のきれいな川。その水の青さから、近年では「仁淀ブルー」とも呼ばれ、「にこ淵」は仁淀ブルーの代表的なスポットの一つです。

7北川村 モネの庭 マルモッタン

国内にもいくつか『モネの庭』と呼ばれる場所はありますが、本家フランスより世界で唯一、正式に認められているのは、高知県北川村の『モネの庭』です。今は藤が見頃を迎え、美しい世界観が最高潮に♪◎入園料は大人 700円。約2時間から3時間程度で回ることができます。アクセスは車、もしくは奈半利駅よりバス。

『睡蓮』は画家モネの代表作ですが、実はモネは北フランスの気候に合わない青い睡蓮を咲かせられなかったと言われています。北川村の「モネの庭」では、そんなモネが夢見た青い睡蓮を見ることができますよ。◎「開園時間9:00〜17:00」「火曜定休」「入園料700円」

8西川花公園

時期になると花桃、桜、菜の花が満開になり、華やかな春の景色を楽しめます。遠目に見ても綺麗ですが、この中を歩いて上の方まで行くことができます!高いところから見下ろす景色も絶景で、桃源郷のように美しいです♪

菜の花と花桃のコントラストが春らしい「西川花祭り」。設置されたほうきとジャンプ台で、こんなジブリな写真も撮れます。期間中は地元ならではの食べ物やお土産が並び、パステルカラーの五色もちや、桜色のおこわなど、目でも舌でも春の一日を満喫できます。

9佐田沈下橋

日本一の清流と呼ばれる美しい川 四万十川。そこには写真の佐田沈下橋をはじめ、水量が多い時に水没する橋がいくつもあります。橋の上を歩いたり、車で渡ることもできますよ!四万十川の中は透明感抜群!◎車だけでなく、中村駅からのしまんとトロリーバスでも行くことができるようです。

10岩間沈下橋

日本最後の清流とも呼ばれる四万十川には多くの沈下橋がかかっていますが、中でも岩間沈下橋は特に人気のスポット。流れる水はとても透明度が高く、その上に架かる沈下橋と共に風情ある景観を造り出しています。

PREV

×
ログイン