白川郷

岐阜県大野郡のおすすめ観光スポット、白川郷(しらかわごう)を紹介します。地図やアクセス、周辺スポットなどの基本情報はもちろん、実際に白川郷を訪れた旅行者や地元民が投稿した口コミや写真を掲載しています。[更新日: ]

口コミ 11件

雪に包まれる冬の白川郷は、寒さを我慢しても見たい美しい景観です。厚く雪の積もった合掌造り家屋を見ながら散策していると、その美しさについ時間も忘れそう。であい吊り橋から見る遠くの山々も美しかったです。◎岐阜県の山間にあり、茅葺き屋根の家屋が立ち並ぶ景観は「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として1995年に世界文化遺産登録。各地からバスで白川郷へ。旅行シーズンのバスは早めに予約しないとすぐ満席になります。

合掌造りの里として最も有名な白川郷。積雪期に、展望台からご覧のような数多くの合掌造りの絶景を楽しむことができます(2010年2月7日撮影)。現在は日・祝日の4日間のみで、整理券制ですのでご注意を。◎駐車場完備、電車(名古屋、高山、金沢など)+バスでも行けます。説明にも書きましたが、現在は日・祝日(土日連休の日曜、土日月三連休の最終日)の4日間のみで、整理券制、見学時間約20分、三脚も不可…以前より厳しい条件になってます。年によって異なる可能性がありますので、詳細は事前に白川郷ライトアップサイトをご覧ください。

1

白川郷の奥手、霊妙な佇まいの寺。本堂、庫裡、鐘楼全てが合掌造りを留める寺院は全国唯一。五階建ての庫裡や青銅の鐘、本堂にかかる切妻の屋根すべてが、郷を護るように合掌する美しさは何に喩えようもありません。

1
ko_ion91172018.12.15256

合掌造りと雪のコラボ

一目見た瞬間からこの世のものとは思えない世界に心を奪われました。圧巻の景色に思わず寒さを忘れてしまうので防寒はしっかりしましょう。◎スタッドレスタイヤもしくはタイヤチェーン必須です。時期によっては雪で通行止めになる箇所もあるので、行くなら今がおすすめです。尚、来年1月から6回ライトアップがあります。事前予約制となってます。

2

年7日間の世界遺産白川郷のライトアップ。チケットは数十分で完売するなど世界各国から人々が集まる日本を代表する冬のイベントです。現在も合掌造りで昔ながらの生活をする村民がいる生きた世界遺産が灯に包まれる

世界文化遺産にも登録され、日本人だけでなく外国人観光客にも大人気の白川郷。見た目に美しく、冬を越えるための機能性も兼ね備えた合掌造りが立ち並ぶ様は壮観です。

1

豪雪地帯の白川郷ですが、今年は訪れるにはあまり不便のない積雪量で、雪景色も思う存分楽しめます! 二月中にはまだまだ雪が降り注ぐ予定なので、この景色はまだまだ楽しめそうです^ ^

2

最も白川郷らしい景観といわれている三連合掌。3つの合掌造りが美しいトライアングルを形成していて、かん町といわれる地域にあります。合掌造り自体が正面から見ると三角形なので幾何学的にもとてもすばらしい景観

観光客も溢れる白川郷の秋の歴史神事『どぶろく祭り』。今、どぶろくの限定酒やお菓子が白川郷土産に人気。麹の香り芳醇などぶろくも、香り濃厚な羊羹などのお菓子も、世界遺産のプレミアムなお土産です。

家屋としては白川郷で最大規模であり、国から重要文化財の指定を受けています。なお、現在も和田さんは住んでいるというから驚きです。家屋は公開されていて有料ですが見学することもできます。

eno_noe_222019.01.1530

雪景色と合掌造り

合掌造りで有名な白川郷。雪が降る冬には絶景が広がります。この日は雪が少なかったですが、雪降る日にはより素晴らしい景色が広がる場所です。◎1月14日、1月20日、1月27日、2月3日、2月11日、2月17日にライトアップがあります。

おすすめ

基本情報