青森県の絶景スポット

青森県でおすすめの絶景スポットを紹介します。実際に青森県を訪れた旅行者や地元民が投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった絶景スポット』の口コミを基にランキングを掲載しています。

青森県の絶景スポット口コミランキング [1-9]

1
marimtim11481

秋と冬の狭間にしか見れない雪と紅葉のコラボレーション

気温が低くなる11月のこの時期、紅葉が終わりきらないうちに雪がうっすら積もり、色鮮やかな紅葉を引き立てて特別な景色を見せてくれました。紅葉と雪のコラボが見られるのは降雪が早い地域だけ!

jp_travelerspic187

絶景!日本一の桜の名所

日本一の桜の名所として名高い弘前藩 津軽氏の居城です。日本100名城でもあり、日本にある現存天守12城の1つで、東北唯一の現存天守を持つお城です。弘前桜祭りは2018年4月21日〜5月6日まで開催!◎敷地面積約49万2000平方メートルの弘前公園内には、しだれ桜や八重桜など52種、約2600 本の桜が咲き、さくらまつりの開催時期に合わせてライトアップを開催してますよ!

2

奥入瀬渓流

marimtim507

奥入瀬渓流を彩る、散策がさらに楽しくなる紅葉の風景

青々と茂っていた奥入瀬渓流も、紅葉で色づくと雰囲気がガラッと変わります。渓流沿いの遊歩道を歩けば出会う滝の数々と、黄金の森。新緑の季節とはまた違う見どころがたくさんあります。

daiki97

緑のトンネルの中を流れる清らかな渓流

青森県の南部に位置する十和田湖。奥入瀬(おいらせ)渓流とは、その湖畔から流れる奥入瀬川の渓流を指します。自然林に囲まれた遊歩道を歩けば、銚子大滝や雲井の滝など数々の渓谷美に出会うことができます。

3
imarina1522

自然の神秘!目を疑うほど青い湖

世界遺産・白神山地の自然林とそこにある湖沼群を散策できる十二湖エリア。中でも「青池」の美しい青色は目を疑うほどです。ちなみに、青池がなぜこんなに青いのかは、現代の科学でも解明されていないのだとか。

4

菜の花フェスティバル横浜町

yascolo317

5月に横浜で菜の花!?日本最大級の作付面積を誇る菜の花畑

横浜といっても、神奈川県ではなく、青森県の陸奥半島にある横浜町。ここには日本最大級の作付面積を誇る広大な菜の花畑があり、5月中旬から下旬にかけて見頃!菜の花迷路や菜の花ドーナツなど、五感で楽しめます♪◎このスポットの住所は迷路などのある菜の花フェスティバルのメイン会場ですが、他にも菜の花畑があり、晴れていると吹越烏帽子岳や、陸奥湾越しの釜臥山と菜の花の絶景を楽しめるかもしれません。道の駅よこはま「菜の花プラザ」には菜の花グルメも。アクセスは基本的には車やタクシーか、バス+徒歩ですが、イベント期間中はJR陸奥横浜駅から無料シャトルバスが出ることもあります。

daiki148

日本三大霊場の一つ!恐山で見る宇曽利湖

イタコで有名な恐山ですが、恐山と言うのは山ではなく霊場を指します。その真ん中にぽっかりとあるカルデラ湖は宇曽利湖(うそりこ)といい、とても神秘的な色で静かに訪問者を魅了しています。

marimtim1201

陽が差し込んで真っ赤に色づく蔦沼の紅葉

紅葉の季節の八甲田・蔦沼は、朝陽が差し込む瞬間に森が一気に色づき、静かな水面に映ります。息をのむほど美しい絶景!青森自慢の水鏡です。凛とした秋の空気のなか、贅沢なこの絶景をぜひ体感してほしい…!

7

十和田湖

yascolo81

紅だけじゃない!色とりどりの暖色の木々に包まれた美しい湖

東北の紅葉は紅色だけでなく、オレンジや黄色などの様々な暖色系の色合いが混ざったカラフルなもの。十和田湖のブルーの周りには、朝陽に照らし出された紅一色から始まり、昼になると鮮やかな錦秋の紅葉が現れます!◎新青森駅や八戸駅からバスでアクセスできます。車を運転できるなら、是非湖の周りを思い思いにドライブしてみましょう。遊覧船もあります。

8
daiki1576

圧倒的スケール!海岸に立ち並ぶ真っ白な巨岩群

仏ヶ浦は青森県の下北半島に位置する巨岩・奇岩の並ぶ場所です。圧倒的スケールの巨岩がゴロゴロ転がっている様子はまさに絶景です。また海の青さと岩の白さのコントラストがさらに美しい景色を造り出しています。

9

城ヶ倉大橋

marimtim537

360度の紅葉を楽しめる、城ヶ倉大橋からの絶景

アーチ支間長が255mと日本一の長さの城ヶ倉大橋。橋の下には城ヶ倉渓流を見下ろせます。紅葉の時期には、彩られた山々の重なりが見渡せて、天気のいい日には津軽富士で有名な岩木山まで見えますよ。

PREV
NEXT
ログイン