旧邸御室

口コミ基本情報周辺スポット

京都府京都市のおすすめ観光スポット、旧邸御室を紹介します。地図やアクセス、周辺スポットなどの基本情報はもちろん、実際に旧邸御室を訪れた旅行者や地元民が投稿した口コミや写真を掲載しています。
[更新日: ]

口コミ 3件

初公開!深緑に染まる庭園と美しすぎるリフレクション

昭和初期を代表する和風邸宅として、平成28年秋に国の登録有形文化財に指定され、公開はこの夏が初めてだそう。暑い日もお茶とお菓子と素晴らしい緑のリフレクションで癒しのひとときを過ごせました。
hiromitravel2018.07.24
9月末までの特別公開です(8月14日~8月16日は見学休止)

期間限定で公開されている邸宅

京の夏の旅にて公開されている旧邸御室。テーブルは新緑の緑を反射するほどピカピカになっています。またカフェルームのテーブルはまた違った綺麗さを見ることができます。
eno_noe_222018.09.15
2018年7月7日~9月30日公開、ただし8月14日~8月16日は休止。拝観時間は11時〜16時30分(16時受付終了)。

一枚板のテーブルに写る日本庭園

500坪の敷地に建つ築80年の数寄屋造りの郊外邸宅。 2017年より一般公開が開始されました。
ysmzzx2018.08.25
京の夏の旅 文化財特別公開 2018年9月30日まで 10:00~16:30 大人¥600

基本情報

住所

京都府京都市右京区御室岡ノ裾町5

アクセス

御室仁和寺駅から徒歩2分. 京都駅より車やタクシーで25分.

駐車場

駐車場あり

地図

Loading...

周辺の観光スポット

地蔵院

600年の歴史ある緑と竹林に囲まれた「竹の寺」地蔵院

京都の松尾にある地蔵院は通称「竹の寺」と呼ばれており、これから夏にかけて境内が緑一色に染まります。また京都市登録名勝の平庭式枯山水庭園も見どころです。

青蓮院門跡

庭園に浮かぶ仄かな明かり!明滅する青いライトアップ

京都の青蓮院門跡では毎年春と秋に夜の特別拝観が開催されています。期間中はお庭の至る所がライトアップされていますが、神殿横の庭園ではまるでホタルのように明滅する青い光に包まれた光景を見ることができます。

祇王寺

平家物語にも登場した「悲劇のヒロイン」祇王が移り住んだ尼寺

京都の嵐山にある祇王寺は、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が悲恋により都を追われ、余生を尼僧として過ごした尼寺です。

永観堂(禅林寺)

秋の京都はやっぱり「もみじの永観堂」

秋の京都といえば昔から「もみじの永観堂」と言われ、あまりにも有名な名所ですが、視界を赤や黄色の鮮やかなもみじに埋め尽くされる感覚は有名なだけあって圧巻です。

将軍塚青龍殿

限定公開の素晴らしい「ガラスの茶室」と京都市内一望大パノラマ

市内一望の眺望はもとより、清水寺の舞台の4.6倍の広さを誇る圧巻のスケールに、期間限定でデザイナー・吉岡徳仁の「ガラスの茶室」が設置。光を受けると七色の輝く姿は一見の価値あり!

東寺

五重塔とも相性ばっちり!ライトアップされた枝垂れ桜

京都駅から徒歩で行ける東寺。その五重塔は日本一の高さを誇り京都観光の人気スポットの一つとなっています。さらに春には枝垂れ桜も楽しむことができ、夜にはライトアップされた桜がとても幻想的です。

祇園祭

毎年20万人以上が訪れる、1150年前からあるお祭り

祇園囃子や普段見れない山鉾をはじめ、屋台などが楽しい! あの四条通りが堀川〜東大路通まで歩行者天国になります!

南禅寺

お寺の境内に水路の橋!?レトロで美しいアーチの連続

琵琶湖の水を京都へ運ぶ為に造られた琵琶湖疎水の一部である南禅寺水路閣。曲線が美しいレンガ造りのアーチ橋は寺の境内を通る為、景観に配慮して明治にデザインされたもの。今尚現役で琵琶湖の湖水を運びます。

松尾大社

酒造りにも使われた、神秘的な名水のパワースポット

境内奥の山裾の「霊亀(れいき)の滝」はパワースポットとして人気で、滝手前の「亀の井」の水は延命長寿・蘇りのご利益があると言われ、酒造りにも使われた縁起のいい名水です。

清水寺

空を貫く青い光

京都観光の定番、清水寺。年に三回ほど行われる夜の特別拝観時には青い光が京都の空を貫きます。この光は観音様の慈悲の心を表しているとのこと。

京都府