護王神社

香川県直島のおすすめ観光スポット、護王神社(ごおうじんじゃ)を紹介します。江戸時代から続く神社、改修にともない階段をガラスで作るなど、アートと融合された建築などを楽しむことができます。アクセスや地図などの基本情報はもちろん、実際に護王神社を訪れた旅行者がCity's Prideに投稿した見所や写真を掲載しています。※鑑賞料金410円(15歳以下無料)、本殿は無料[更新日: ]

見どころ 2件

アートを取り入れた、ガラスの階段を持つ神社

江戸時代からの神社であり、改修に伴いアートを取り入れた作品でもある『護王神社』。本殿へとつながる階段はガラスで出来ています。荘厳な神社に芸術が交わり、新しい神社のスタイルを楽しむことができます。
jasmine_cake2017.06.08
参拝は無料ですが、地下に秘密のある作品鑑賞は有料です。アート『角屋』の近くから階段を登って行きます。

暗闇の芸術、魅惑の地下空間が広がる神社

神社とアートが融合した『護王神社』。神社の地下へと伸びる狭い通路を入ると、そこには本殿へとつながる「ガラスの階段」。そして振り返れば素敵な海景色が見える、魅惑の地下空間を持つおすすめの神社です。
jasmine_cake2017.06.07
参拝はもちろん無料ですが、地下空間へは入場料が必要です。アート『角屋』の近くから階段を登って行きます。

基本情報

住所

香川県香川郡直島町820

アクセス

本村地区にあり、本村港から徒歩10分(アート作品『角屋』の近くの階段から).

周辺のホテル·旅館を探す

  • トリップアドバイザー

地図

Loading...

周辺の観光スポット

檀山岡崎公園

一生忘れる事ができないワンダフルな瀬戸内の絶景

芸術の島で、どんな作品にも負けないくらい美しいと島民が絶賛する瀬戸内海の大パノラマ(香川方面)。島の中央にそびえる檀山から見る景色は一生忘れる事ができない美しい絶景です♪

男木港

島を行き交う人々と刻一刻と変わる影アートの美しい情景

男木港にあるこのガラス張りの建物は、島の交流館であり、案内所でもある。様々な文字が組み合わされた屋根が作る影アートは、時間とともに変化し、その時々の美しい男木島の情景を作り出す。

豊玉姫神社

癒しの猫もいる♪ 安産の神様を祀る絶景の神社

一説として、日本の初代天皇、神武天皇の祖母とされる豊玉姫命を祀る豊玉姫神社は、安産の神様として知られています。神社から見る景色はとても美しく、男木島の猫ちゃんたちにも癒される素敵な神社です。

ベネッセハウス ミュージアム

建築そのものがアート、自然に囲まれた壮大な美術館

まるで神殿の様な美術館は「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに島の自然を感じながら、現代アート、そして建築自体を楽しむ事ができます。高台に建つため、テラスから島の絶景鑑賞もお勧めです。

歩く方舟

煌く瀬戸内海に向かって!フォトジェニックなアート「歩く方舟」

瀬戸芸最大の魅力は、煌く瀬戸内海とアートの融合ではないでしょうか。ここ男木島の「歩く方舟」は、その姿、形で心くすぐる人気のフォトジェニックなアート作品です。

赤かぼちゃ

島の玄関口、大人気のフォトジェニックアート『赤かぼちゃ』

フェリー乗り場の広場にある草間彌生作品『赤かぼちゃ』。最初に目にするシンボル的なオブジェで、中に入って楽しむ事もできる大人気のフォトジェニックアートです。

豊島 アート巡り

美しい景観とアートが入り混じる芸術の島のアート巡り

3年に1度の瀬戸内国際芸術祭が行われた事で、多くのアート作品が展示される芸術の島。海や田園が広がる島景色と調和するもの、驚きを与えるものなど様々なアートを巡るのも島旅の魅力の一つ♪

男木島図書館

島の読書に欠かせない至福の一杯と軽食を作る「ダモンテ商会」

図書館前にあるお洒落なオープンライブラリカフェは、オーナーご自身と島の方々で建てられたというから驚きだ。ゆっくり流れる島の読書タイムに欠かせない至福の一杯を提供する素敵なカフェ。アルコールもあります♪

直島港(本村港)

芸術の島で思わず2度見! アートすぎるターミナル

島のターミナルと言えば西側の宮浦港が有名ですが、本村エリアの小型船ターミナル『直島港』が雲の様な巨大アートとして新たに完成しました。芸術の島は、港から楽しむ事ができます♪

直島パヴィリオン

浮かんでる!? 巨大なステンレスアート『直島パヴィリオン』

直島町の新しい島(28番目)をコンセプトに作られた白い巨大なステンレスアート。中に入ることができて、網目越しに空を見上げると浮遊しているような不思議な感覚になるフォトジェニックアートを楽しめます。

香川県

投稿する