日本国内の観光スポット

日本国内でおすすめの観光スポットを紹介します。実際に日本国内を訪れた旅行者や地元民が投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった観光スポット』の口コミを基にランキングを掲載しています。

日本国内の観光スポット口コミランキング [1-10]

1ひたち海浜公園

ひたち海浜公園公園のネモフィラハーモニー。ゴールデンウイークに見頃を迎え、みはらしの丘一面が青い絨毯に染まり、青空とのコラボレーションが楽しめます!

いまや日本だけでなく世界中から一目見ようと足を運ぶ人が絶えない、真っ青な視界が素敵すぎる茨城県「国営ひたち海浜公園」のネモフィラが咲き誇るみはらしの丘。一度は見に行って欲しい名所中の名所です。◎車は渋滞に巻き込まれる事必至のため、JR「勝田駅」からシャトルバス、ひたちなか海浜鉄道でのアクセスがオススメ。

コキアの紅葉を見に行くなら夕焼けの時間がおすすめ! 撮影したタイミングでは少し雲が多かったのですが、今年は真っ赤に染まる夕焼け空とコキアの紅葉が見えるかも!楽しみですねー!!

2父母ヶ浜

国内有数の夕陽スポットとして人気の父母ケ浜(ちちぶがはま)は、遠くまで浅瀬が続く遠浅地形。浅瀬に溜まる海水は波立ちも少なく、水面に反射する美しい景観は、まるで香川のウユニ塩湖!?◎ビーチは約1km。100台以上の駐車場があります(海水浴シーズンは有料)。

香川県三豊市にある『父母ヶ浜 』🌊日本のウユニ塩湖とも言われています。 干潮と日の入り時刻が重なるとき、30分間のマジックアワー🌇ほんとに絶景です✨ また行きたくなること間違いなし!😉

砂浜が約1km続く香川県三豊市の父母ケ浜。黄昏時に訪れれば、砂浜の潮溜まりに変わりゆく空のグラデーションが映り込み、影絵のような幻想的な1枚を撮ることができます。

3厳島神社

海を境内とした厳島神社は潮の満ち引きにより様々な美しい姿を見る事ができます。満潮時に海に浮かぶ姿も素敵ですが、干潮時には大鳥居まで歩いて行く事が出来、水溜りを覗くと綺麗なリフレクションが現れますよ♪◎リフレクションは大鳥居が少し海に浸かっているくらいの段階がお勧めです。波のない水溜りを探して見てください。

広島県の宮島では毎年夏に大規模な花火大会が行われています。鳥居の向こうに水中花火が開く姿は鳥肌もの。ぜひ一度は生で見て欲しい花火です。

早朝の宮島は観光客も少なく、比較的のんびりと観光ができます。干潮の際は大鳥居の側まで行くことができ、その大きさに圧倒される。瀬戸内海の風景と鹿に癒されながら、島の散策を楽しんでみてはいかがでしょうか?◎宮島口桟橋よりフェリーで10分。宮島口=宮島間の連絡船は、JR宮島連絡船と宮島松大汽船の2社が運航。

4正寿院

正寿院は今話題のお寺。その人気の1つは新緑が目を惹く猪目窓。猪目とはハート型で招福を意味し、日本古来から使われているそう!また同じ客殿には160枚の美しい天井画があり、訪れた人々を楽しませてくれます。

ハートの猪目窓が大人気の正寿院。夏限定の風鈴祭りはどこを撮っても絵になる可愛さ。風が吹くと一斉に鳴り響く音色は真夏の暑さを忘れさせてくれます。◎2018年から事前予約が必要になりました。車以外のアクセスも難しいので、事前にしっかり確認してから行くことをおすすめします。

ハート型の猪の目窓で有名な正寿院(しょうじゅいん)。それだけではなく1つ1つ絵が違う美しい天井がにも目が留まります。夏は風鈴の美し音色を聞きながらお茶も頂けくことができます。

5白川郷

雪に包まれる冬の白川郷は、寒さを我慢しても見たい美しい景観です。厚く雪の積もった合掌造り家屋を見ながら散策していると、その美しさについ時間も忘れそう。であい吊り橋から見る遠くの山々も美しかったです。◎岐阜県の山間にあり、茅葺き屋根の家屋が立ち並ぶ景観は「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として1995年に世界文化遺産登録。各地からバスで白川郷へ。旅行シーズンのバスは早めに予約しないとすぐ満席になります。

一目見た瞬間からこの世のものとは思えない世界に心を奪われました。圧巻の景色に思わず寒さを忘れてしまうので防寒はしっかりしましょう。◎スタッドレスタイヤもしくはタイヤチェーン必須です。時期によっては雪で通行止めになる箇所もあるので、行くなら今がおすすめです。尚、来年1月から6回ライトアップがあります。事前予約制となってます。

合掌造りの里として最も有名な白川郷。積雪期に、展望台からご覧のような数多くの合掌造りの絶景を楽しむことができます(2010年2月7日撮影)。現在は日・祝日の4日間のみで、整理券制ですのでご注意を。◎駐車場完備、電車(名古屋、高山、金沢など)+バスでも行けます。説明にも書きましたが、現在は日・祝日(土日連休の日曜、土日月三連休の最終日)の4日間のみで、整理券制、見学時間約20分、三脚も不可…以前より厳しい条件になってます。年によって異なる可能性がありますので、詳細は事前に白川郷ライトアップサイトをご覧ください。

6メタセコイア並木

いつの季節も美しい並木道、初夏から夏は眩しい緑に、光と影が織りなすゼブラロードが爽やかな絶景が楽しめます。

長く続くメタセコイア並木は紅葉シーズンが見どころ。冬は雪が積もってまた違う雰囲気が楽しめます。県道なのでいく際はお近くのマキノピックランドを目印に行くとわかりやすいです。

マキノ高原にある、総延長約2.5km・500本ものメタセコイアの並木道。春夏の青々とした緑、秋の錦秋、落葉した枝に降り積もる雪の風景など、四季折々の表情を存分に楽しむ事ができる。

7なばなの里

ご覧下さい。これほどまでに壮大で圧倒的なベゴニアの花を見た事があるでしょうか? 大きな池の反対側に回って、しゃがみ込むと、壮大な景色が目の前に広がります。個人的には写真よりも肉眼の方が美しく感じました

ベゴニアガーデンはとってもフォトジェニックな場所🥀どこを見渡してもお花ばっかりで、かわいい空間🧡 カメラ好きな人は30分くらい滞在できちゃいますよ🍃

国内最大級のイルミネーションが見れる、なばなの里には、幻想的な約200mにも及ぶ光のトンネル 光の回廊と毎年テーマが変わる約100mの光のトンネルがあります。今シーズンの限定トンネルは桜のトンネル

8南禅寺

琵琶湖の水を京都へ運ぶ為に造られた琵琶湖疎水の一部である南禅寺水路閣。曲線が美しいレンガ造りのアーチ橋は寺の境内を通る為、景観に配慮して明治にデザインされたもの。今尚現役で琵琶湖の湖水を運びます。

巨大なアーチを描く南禅寺の水路閣。フォトジェニックスポットとして観光客で常に賑わっています。朝方から正午にかけて訪れるのがオススメです!

南禅寺にある天授庵では、池泉回遊式の南庭で池に映り込む美しい新緑のリフレクションを楽しむことができます。また白砂と苔の美しい東庭もあり、見所の多いスポットです。

9栗林公園

ミシュラングリーンガイドジャポン3ッ星を獲得した『栗林公園』。春の桜ライトアップイベントは是非お勧めします。決して桜木の数は多くないですが、絵になる夜桜の景観は圧巻の美しさを誇ります。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで3ッ星を獲得した名園、栗林公園。園内の様々なところで秋色に彩られた美しい景観を楽しむことができます。香川の中心街に位置しながら喧騒を感じさせない、まるでオアシス♪◎広さは東京ドーム3.5個分。秋は紅葉のライトアップイベントも行われ、2017年は11/23~12/3まで。

旅行中、雨は残念なものですが、日本庭園はそれすら絵になります。特に栗林公園の雨の日は印象的!背後の山にかかる雨霧、穏やかな池の水面に描かれる波紋がより趣を添えてくれます。雨の日の紅葉も落ち着いて良し。◎市街地にあるので、公共交通機関(JR、ことでん)やバスでのアクセスが便利。広い駐車場もあるので、車でも安心です。

10展望花畑 四季彩の丘

北海道を代表する景勝地、美瑛にある四季彩の丘。丘陵地に植えられた農作物やお花畑から作り出されるパッチワークの景観は、まるでカラフルな絵の具のパレットのように美しく鮮やか。園内を走れるカートもお勧め!◎グリーンシーズンは4月下旬から10月下旬まで

kyoko190319.08.15

美しいお花の絨毯

北海道、美瑛にある四季彩の丘は、ダイナミックでカラフルな丘陵地の様子がとても人気の場所。春から秋にかけて約50種類の花を植え替えているそうで、5月~10月にかけての長期間に渡って様々なお花と景色が楽しめます。特に夏の時期にカラフルになるので、夏がオススメです。

丘の上に広がるお花畑は一面多種多様なお花が植えてあり美瑛なではの丘の上の景色と共に楽しむ事ができます。毎年お花の品種や色合いが変わる為年に一度は訪れたくなるスポットです。

PREV

×
ログイン