大分県の観光スポット

地域

源泉数や湧出量ともに日本一を誇るの温泉地があり「おんせん県」として知られる九州地方の東部に位置する大分県(おおいた)でおすすめの観光スポットを、実際に大分を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった観光スポット』に基づいて掲載しています。国内屈指の温泉地「別府」や「湯布院」をはじめ、国内有数の夕陽の絶景スポット「真玉海岸」、東洋のナイアガラと称される「原尻の滝」が人気です。

人気観光スポットランキング [1-10]

1九重“夢”大吊橋

日本一の高さ!絶景を楽しみながら渡れる吊橋

九重“夢”大吊橋(ここのえ“ゆめ”おおつりばし)は歩行者専用の吊橋として日本一の高さを誇っています。173m下には鳴子川渓谷の原生林が広がり、美しさと怖さ両方を一度に味わえる絶景スポットです。

2金鱗湖

きりりと冷え込んだ早朝の金鱗湖。湯布院名物、幻想的な朝霧

湖底から温泉と清水が湧き出ている湯布院の金鱗湖。冬の寒い日の朝にはその温度差で湖面から幻想的な霧が立ち昇ります。昼と夜の気温差が大きく、晴れて風がない日など条件が揃った時のみに見られる特別な光景です。

3七ツ森古墳群

古墳群周辺に咲き誇る20万本の彼岸花

道路からでもわかる 圧巻の彼岸花の赤い絨毯は癒やしのヒーリングスポット。いつまでもいたくなる場所でした。

4両子寺

1300年の歴史ある紅葉名所

1300年前に作られたお寺だけに、心が静かになり、落ち着ける場所です。パワースポットでもあります。

5由布岳

水ぬるみ、春の訪れを告げる菜花咲く。湯布院から望む霊峰由布岳

湯布院のシンボル、由布岳。これから早春にかけては、街の中心部を流れる大分川の堤防沿いからの眺めがおすすめ。菜の花に次いで桜が咲き始める風景はドラマのロケ地としても有名。ひと足早い九州の春を楽しめます。

6宇佐神宮

生き生きとした緑がまぶしい!自然いっぱいの境内

大分の宇佐神宮は全国の八幡さまの総本宮。境内には多くの見どころが点在していますが、参拝時は至る所で見られるとても生き生きとした緑にもご注目ください。

7深耶馬渓

まるで水墨画!雪に包まれたモノクロームな岩々の景観

深耶馬渓 一目八景は様々な形の岩を一目で一望できるスポット。紅葉の景色が有名ですが、雪の日はモノクロームな風景で、まるで水墨画に描かれたような景色です!寒い日は氷柱を見つけたり、何か発見があるかも?

8原尻の滝

東洋のナイアガラ!幅120mの大滝

原尻の滝は大分の山間部にある幅広の滝です。その日の水量によって迫力が変わり、滝の上へ行けば間近で下に落ちていく滝を楽しむことができますよ。

9真玉海岸

夕陽と干潟の縞模様のコントラスト

日本の夕陽百選の真玉海岸 気象条件等で毎日違う幻想的な景色を見ることができるので何度訪れても感動してしまいます。

10富貴寺

国東半島にある 国宝の大堂のあるお寺。圧巻の黄色の絨毯

富貴寺は平安後期に建てられたお寺でこの場所にたつと清々しい気持ちになります。また この時期は銀杏の絨毯が見頃になっています。

PREV