青森の紅葉名所

青森県でおすすめの紅葉スポットを紹介します。蔦沼や城ヶ倉大橋など別世界を思わせる感動的な秋の絶景を実際に訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった紅葉スポット』を基にランキングを掲載しています。

青森の紅葉名所ランキング [1-5]

1弘前城

秋と冬の狭間にしか見れない雪と紅葉のコラボレーション

気温が低くなる11月のこの時期、紅葉が終わりきらないうちに雪がうっすら積もり、色鮮やかな紅葉を引き立てて特別な景色を見せてくれました。紅葉と雪のコラボが見られるのは降雪が早い地域だけ!

2蔦沼

陽が差し込んで真っ赤に色づく蔦沼の紅葉

紅葉の季節の八甲田・蔦沼は、朝陽が差し込む瞬間に森が一気に色づき、静かな水面に映ります。息をのむほど美しい絶景!青森自慢の水鏡です。凛とした秋の空気のなか、贅沢なこの絶景をぜひ体感してほしい…!

3城ヶ倉大橋

360度の紅葉を楽しめる、城ヶ倉大橋からの絶景

アーチ支間長が255mと日本一の長さの城ヶ倉大橋。橋の下には城ヶ倉渓流を見下ろせます。紅葉の時期には、彩られた山々の重なりが見渡せて、天気のいい日には津軽富士で有名な岩木山まで見えますよ。

4奥入瀬渓流

奥入瀬渓流を彩る、散策がさらに楽しくなる紅葉の風景

青々と茂っていた奥入瀬渓流も、紅葉で色づくと雰囲気がガラッと変わります。渓流沿いの遊歩道を歩けば出会う滝の数々と、黄金の森。新緑の季節とはまた違う見どころがたくさんあります。

5十和田湖

紅だけじゃない!色とりどりの暖色の木々に包まれた美しい湖

東北の紅葉は紅色だけでなく、オレンジや黄色などの様々な暖色系の色合いが混ざったカラフルなもの。十和田湖のブルーの周りには、朝陽に照らし出された紅一色から始まり、昼になると鮮やかな錦秋の紅葉が現れます!