神奈川のお花名所

神奈川県の観光でおすすめのお花の名所を紹介します。5万本のツツジが咲き誇る「太田和つつじの丘」や1700種類のバラが咲き誇るおとぎ話の世界のような「横浜イングリッシュガーデン」、四季折々の美しい花が咲き誇る場所を、実際に神奈川を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かったお花の名所』を基にランキングを掲載しています。

神奈川のお花名所ランキング [1-9]

1横浜イングリッシュガーデン

おとぎ話の世界に迷い込む?!1700種類のバラの庭園

四季咲きのバラを使用しているので、春から秋まで多種類のバラを楽しむことが出来ます。区画ごとにバラの色を変えて配置しているので、場所によってバラの印象が違って感じるのも見所の一つです。

2明月院

鎌倉のあじさい寺で見れる、明月院ブルー

紫陽花の名所として知られる鎌倉でも1、2位を争う人気のあじさい寺「明月院」。明月院ブルーと称される美しい色のアジサイが約2,500株咲き誇っています。竹林もあり、梅雨の絶景に出会うことができました。

3長井海の手公園 ソレイユの丘

三浦半島に青い魔法がががる♪ネモフィラ咲くソレイユの丘

4月下旬から5月上旬にかけて、三浦半島「ソレイユの丘」では透けるように輝く美しいネモフィラが見られます。一面に咲くネモフィラブルーの光景に癒やされますよ!

4太田和つつじの丘

丘の斜面いっぱいに敷き詰められた5万本のツツジ

丘いっぱいに漂うツツジの香り。いつもはひっそりとした公園なのに、この花の咲く季節に多くの家族連れやカップル、友人同士で花を愛で楽しんでいます。満開の花と人々の笑顔がいっぱいになる光景が好きです。

5小田原フラワーガーデン

芳醇な香りの145品種のバラ園と世界最大級のネギ坊主の競演

華やかな香りが園いっぱい広がり、345株が咲き誇るバラ園とアリウム・グローブマスターが艶やかな競演。花々は無料で観賞できるので、バラが咲き揃う1か月は、毎日のように贅沢で優雅な散策時間が楽しめます。

6開成町 あじさいの里

開成町の人気風物詩!5000株の紫陽花が咲き誇る田園風景

17.2haの田園風景の中、水路に沿って田畑を区切る農道に植えられた紫陽花は5000株。虹色の大輪が田植えの終わった稲の緑に映え、多くの人々がのんびりと散策する姿は初夏の風物詩です。

7小田原城址公園「御感の藤(ぎょかんのふじ)」

花房1m。小田原城址公園のお堀端で、思わず見上げる藤棚

樹齢180年ほどで、花房が1mもある小田原城址公園の藤棚。大正天皇が皇太子の頃にその美しさに感嘆したという由来から「御感の藤」と名付けられました。見頃は毎年4月下旬~5月上旬頃です。

8長谷寺

ここも鎌倉のあじさい寺!約2500株の紫陽花と可愛いお地蔵様

鎌倉のあじさい寺と言えば明月院が有名ですが、長谷寺も数多くの紫陽花が楽しめるお寺。紫陽花を愛でつつ、笑顔の素敵な3体セットの「良縁地蔵」(3か所)や大きな「和み地蔵」(1か所)を探してみてください♪

9横須賀しょうぶ園

412品種、14万株もの花菖蒲が可憐に咲き誇り、心潤す植物園

梅雨だからこそ美しく映える紫の花菖蒲。里山の風景の中にさまざまな品種、色とりどりの菖蒲が鑑賞できます。水車小屋が静かにまわり、花摘み娘がしおれた花がらを取っていく姿は、のどかで、どこか懐かしいです。