愛知のお花名所

愛知県の観光でおすすめのお花の名所を紹介します。ピンクの芝桜が一面に広がる南アルプスを望む天空の花回廊「茶臼山高原」や5万株の紫陽花が咲き誇る「形原温泉あじさいの里」など、四季折々の美しい花が咲き誇る場所を、実際に愛知を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かったお花の名所』を基に厳選しました。

愛知のお花名所ランキング [1-7]

1茶臼山高原

山頂に広がる絶景の芝桜の丘!南アルプスを望む天空の花回廊

快晴の澄みきった空の下、山頂から見る芝桜の丘は正に絶景でした!リフトに乗ってゆっくり目的地まで行く間の時間も楽しいです。徐々に見えてくるピンク色の景色に興奮してしまいます。

2御裳神社

手水舎に浮かべられた色とりどりの紫陽花

御裳神社の手水舎(参拝者が神社に参拝する前に、口や手を清めるところ)に浮かべられた涼やかな紫陽花に癒されます。ジメジメしたこの季節におススメです。

3矢勝川

堤防沿いを赤く埋め尽くす彼岸花の絨毯

全長2kmに渡って300万本以上の彼岸花が一斉に赤く染まる光景は素晴らしいの一言です。花嫁行列のイベントも必見!

4観光農園花ひろば

季節毎に違う花が咲き誇る大自然

一面に咲く向日葵を眺めながら夏を満喫しました! また、気に入った向日葵があれば、1人3本まで持ち帰ることができます。

5形原温泉あじさいの里

5万株の紫陽花

一面の紫陽花を見ることができました。すごく綺麗です。ライトアップもやってるので夜も楽しめます。

6愛知牧場

季節毎に変わる広大な花畑

入場料は無料!動物と触れ合えたり(有料)、美味しいソフトクリームやジェラートもあります。

7愛・地球博記念公園

万博の感動が蘇る!300点以上の展示物と緑豊かで広大な敷地

記念館では、寄贈された数々の展示物を観賞することができる。季節の花々や森と、近代建築が融合した広大な敷地。万博のテーマであった「自然の叡智」を思い起こさせる。