静岡のお花名所

静岡県の観光でおすすめのお花の名所を紹介します。水仙とコバルトブルーの海の共演が素敵な「爪木崎公園」や10万本のチューリップ畑が広がる「吉田公園」など、四季折々の美しい花が咲き誇る場所を、実際に静岡を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かったお花の名所』を基にランキングを掲載しています。

静岡のお花名所ランキング [1-5]

1小室山公園 つつじ祭り

たくさんの鮮やかな色のつつじで染まる公園

小室山公園は標高321mの小室山を中心とした自然公園。その公園には4月下旬からつつじが咲き始め5月初旬まで楽しめる。この時期はどこを見てもピンクや赤、白のつつじで埋め尽くされていて美しい光景が広がる。

2吉田公園 チューリップ祭り

春風にそよぐ10万本のチューリップと桜のコラボ

静岡県で花の公園として知られる県営吉田公園では、春先にチューリップまつりが行われます♪60品種10万本のチューリップは圧巻!桜と一緒に写真が撮れる場所もあり、見ごたえ&撮り応え十分。

3下田公園

約15万株ものアジサイが両側に咲き誇る、圧巻のお写んぽ道

階段を上ると、そこは見渡す限りのアジサイが斜面にいっぱい!ぐるりと周りに、上にも下にも、たっぷりアジサイを楽しむことができる人気スポットです。朝早く来ると人少なめで絶好のお写んぽ道かも♪

4爪木崎公園

海とアロエとみさき水仙。甘い香りに包まれる新春の水仙まつり

コバルトブルーの海が美しい伊豆下田の須崎半島・爪木崎公園は300万本もの野水仙の群生地。甘い香りに包まれながら新春の海辺のお散歩が楽しめます。水仙まつりは2月上旬まで開催しています。

5はままつフラワーパーク

草花を組み合わせて造る、美しいモザイカルチャー

約30万㎡もの広大な敷地に季節ごとの花が次々と咲き誇る巨大公園。植物を立体的に組み合わせるアート「モザイカルチャー」の数々にも注目。花と緑を効果的に使ったみごとな芸術作品が出迎えてくれます。