奈良のお花名所

奈良県の観光でおすすめのお花の名所を紹介します。一面に黄色いに菜の花が広がり桜との共演を楽しめる「藤原宮跡」や10,000株もが咲き誇る紫陽花の名所「矢田寺」など、四季折々の美しい花が咲き誇る場所を、実際に奈良を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かったお花の名所』を基にランキングを掲載しています。

奈良のお花名所ランキング [1-10]

1矢田寺

見渡す限りの紫陽花!60種1万株が咲き誇る別名「あじさい寺」

奈良の紫陽花寺として名高い矢田寺では、約1万株という圧倒的な数に加え、種類も60種あり珍しいものも。見本園では違いも楽しめ見飽きる事がありません☆

2般若寺

秋に行きたいお寺巡り、フォトジェニックなコスモス寺

コスモス寺として知られる般若寺。9月から11月にかけて境内には約15万本、30種類のコスモスが咲き乱れます。たくさんのコスモス越しに本堂や十三重石宝塔を撮影するととってもフォトジェニックに!

3葛城山 自然つつじ園

真っ赤に染まる山で絶景ハイキング♡見渡す限りのツツジ

「一目百万本」と言われる葛城山のツツジ。全て自生のツツジなんです!山一面が真っ赤に染まった姿は、まるでレッドカーペッドが敷かれたような絶景。ベンチもたくさんあるのでお弁当を持って楽しむのもお勧めです!

4法起寺

日本最古の三重塔!世界遺産×夕陽×コスモスのコラボ

日本最古の三重塔にして世界遺産の法起寺。夕焼けに浮かぶ三重塔を撮影しにカメラ愛好家が集まります!秋になると法起寺周辺の休耕田に色鮮やかなコスモスが咲き乱れ、コスモスとのコラボも楽しめます♫

5九品寺

朝日に照らされる彼岸花

朝日が上がると同時に彼岸花が色鮮やかに照らされました。その綺麗さは朝の眠気を吹き飛ばすほどの絶景となります。

6藤原宮跡

いつまでも眺めたい景色♡桜と菜の花の共演

藤原宮は中国にならった日本で初めての都城。跡地の周辺には季節の花々が植えられ、春には桜と菜の花を同時に見ることが出来る絶景スポットです!桜色と黄色のなんとも春らしいカラーに癒されます!

7本薬師寺跡

水面に浮かぶ無数のホテイアオイ

8月末から9月にかけて見頃を迎えるホテイアオイ。あまり知られている花ではありませんが、来年もまた見にきたいと思わせる魅力的な花です!夕焼けと一緒に見るのも1つの楽しみ方です!

8笠地区のそば畑

地区一帯を白に染める可憐な花畑

奈良県桜井市の笠地区にはたくさんの蕎麦畑が点在しています。目的地を「荒神の里 笠そば処」に設定して車で向かったところ、周囲でたくさんの花畑に巡り合うことができました。見頃は9月中旬から下旬。

9馬見丘陵公園

色とりどりの春を楽しむ♡心踊る満開のチューリップ

馬見丘陵公園は古墳群と豊かな自然を合わせたとても広い県営公園です。園内では約50万株のチューリップや春の花咲き誇ります!季節の花々が植えられているので、いつ訪れても楽しめる公園です。

10曽爾高原

ススキで一面に覆われた草原

曽爾高原はススキで一面に覆われた草原です。夕焼けに照らされるススキの穂が金色に輝くのが幻想的で、毎年沢山の観光客で賑わいます🙋🏻✨