徳島の神社·寺

徳島県の観光でおすすめの美しい神社やお寺を紹介します。大きなしだれ桜の名所として知られる「明王寺」や岩が流れる様は唯一無二の景観が広がるお遍路巡り四国八十八ヶ所の一つ「常楽寺」など、実際に徳島を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった神社やお寺』を基にランキングを掲載しています。

徳島の神社·寺ランキング [1-7]

1神光寺

高さ15mの藤棚は大迫力!境内に咲き誇るのぼり藤

神光寺の藤棚は高さが15mもある珍しいタイプのもの。一般的にノボリフジというとルピナスの事を指しますが、こちらののぼり藤はまさに天に昇る勢いを感じられる見事な藤の姿を見せてくれます。

2丈六寺

モミジが創り出す赤黄緑のグラデーション

丈六寺のモミジはそれぞれの木で色づき時期がバラバラなこともあり、赤や黄色やオレンジや緑といった色づきのグラデーションが楽しめるのが魅力のお寺。鬼瓦や門などとの相性も良く、撮影が楽しいスポットです。

3瑞巌寺

中心街から3分で静寂の世界。苔むした古刹の名園

徳島市中心、眉山の麓にあるずいがん寺。苔むした敷石や、慎ましく彩を添える花々はまさしく古刹。阿波名水の湧水、キリシタン灯篭など見所も詰まっています。市街から車で3分とは思えない静寂に包まれた世界です。

4明王寺

日本一しだれ桜の美しい町並みを掲げる神山で、特別な枝垂れ桜

日本一しだれ桜の美しい町並みを掲げ、町の至る所に美しい枝垂れ桜が咲き誇る徳島県神山町。中でも特別な人気を誇る明王寺の2本のしだれ桜。道路にはみ出す程の大樹で、美しい桜のカーテンを掛けています。

5童学寺

紫とピンク、2色の藤の花が並んで咲き誇る藤棚

童学寺の境内には毎年多くの人が訪れる藤棚があります。規模こそそれほど大きなものではありませんが、紫とピンクの2色が並んで競うように咲いている姿はとても見ごたえがありますよ。

6地福寺

白も紫も八重も楽しめる!色んな種類の藤の花

徳島県の石井町にある地福寺(じふくじ)は藤の花の名所。毎年シーズンになると藤まつりが開催され、定番の紫一色だけではなく白の藤棚や八重の花まで楽しめます。

7常楽寺

お遍路で目にした、ただならぬ景観「流水岩の庭」

四国霊場八十八ヶ所で唯一、弥勒菩薩 (空海の師)を本尊とするご利益高き「第十四番 常楽寺」。寺はなんと大岩盤の上に立ち、岩が流れる様は唯一無二の異色な景観です。