高松の絶景スポット

香川県高松市でおすすめの絶景スポットを紹介します。市街地や瀬戸内海の大パノラマ「屋島山頂」や5万5千本ものひまわりが咲き誇る「仏生山ファーム ひまわり畑」など、感動的な景色と出会える場所を、実際に高松を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった絶景スポット』を基にランキングを掲載しています。

高松の絶景スポットランキング

1栗林公園

一度は見ておくべきミシュラン三ツ星公園の「絵になる夜桜」

ミシュラングリーンガイドジャポン3ッ星を獲得した『栗林公園』。春の桜ライトアップイベントは是非お勧めします。決して桜木の数は多くないですが、絵になる夜桜の景観は圧巻の美しさを誇ります。

2赤灯台 (せとしるべ)

高松のロマンチックシンボル、世界初のガラス灯台

通称 赤灯台。赤く輝く世界初のガラス灯台は、海の安全を守るとともに、ベイエリアにロマンチックな景観を生み出す高松のロマンチックシンボルとなっています。

3仏生山ファーム ひまわり畑

レトロな町に、5万5千本ものヒマワリが咲き誇るワンダーランド

仏が生きる山と書いて『仏生山』は、門前町として繁栄し、昔の町並みが残るエリア。夏にはレトロな町を5万5千本もの向日葵が鮮やかに彩る。暑いけど、気分は爽快になる「夏の花見」としてイチオシのスポットです♪

4屋島山頂

中心地から20分、紅葉と瀬戸内海を同時に楽しめる絶景展望台

香川県の中心地から車で約20分の近さにある観光地「屋島」。その山頂にある展望台からは、本数こそ多くないものの真っ赤な紅葉と真っ青な瀬戸内海の絶景を眺めることができます。

5岩部八幡神社

推定600年を超える樹齢の大イチョウが作り出す、黄金の世界

推定樹齢600年以上、高さ33m、県指定天然記念物の大イチョウ。秋には、辺り一面に広がる黄色い落ち葉の絨毯で作られる、黄金の絶景が人気となっています。可愛いイチョウの絵馬もありますよ♪