TG-2

トラベルフォトグラファーがTG-2で撮影した写真を紹介します。風景やポートレートからフードまで、TG-2のカメラで撮影されたおすすめの旅行スポットの写真を掲載しています。また、TG-2の価格や評価は下記のリンクよりご覧ください。

TG-2の写真 10件[1-10]

8323
Karin・16.07.22

影まで映る透明度! 大潮で干潮の時だけ現れる幻のタイドプール

阿嘉島の最西端のビーチ。大潮で最も潮が引く時間には外海と切り離された大きな潮だまりが現れて流れのない天然のプールになります。晴れた日は水底に熱帯魚の泳ぐ影が映り、光が揺れる美しい水面を堪能できます。

3305
Karin・16.06.23

色とりどりの海の宝石箱。日本最大の豊かな珊瑚の群生域

石垣島と西表島の間の日本最大の珊瑚礁エリア。この日はボートで黒島の北沖から新城島のあたりを潜りましたが色鮮やかな珊瑚がいきいきと育っていました。いつまでも守っていきたい日本の宝です。

8201
Karin・16.10.07

水面からでもはっきり見える!珊瑚礁でできた島の浅瀬リーフ

下地島は珊瑚が隆起してできた島。浅瀬のリーフでは水面からでもカラフルな珊瑚礁が見られるほど透明な海。干潮時には水面から顔を出しそうな珊瑚が見られます。

3803
Karin・16.08.26

離島のそのまた先、白砂の無人島へ。『世界が恋する海』

座間味島から渡し船で5分程で行ける無人島。そこは白砂のビーチとエメラルドに輝く海、熱帯魚と珊瑚の楽園でまさに座間味村のキャッチフレーズ『世界が恋する海』そのもの。海外からもたくさんの人が訪れています。

2244
Karin・16.06.09

移り変わるブルーのグラデーション。初夏の奄美の白砂ビーチ

奄美北部の岬の先のほうにある静かな海岸。少し行きにくいためか、あまり人が多くなく、まるでプライベートビーチのようです。美しいエメラルドブルーのグラデーションは一日中見ていても飽きません。

467
yascolo・18.06.03

人懐っこくて一緒に泳げる、御蔵島のドルフィンスイム

御蔵島はイルカと一緒に泳げる、ドルフィンスイムのスポット。時化の少なくなる3月中旬から11月中旬までがシーズンと言われています。御蔵島で会ったのは人懐っこいイルカで、私のすぐ近くで泳いでくれましたよ♪◎御蔵島のイルカのツアーは御蔵島の他にお隣の三宅島でも扱ってます。ツアーによっては3点セット(フィン・マスク・シュノーケル)やウェットスーツをレンタルできる店もあります。波があり、足がつかない場所ですので、シュノーケリングはマスククリア・シュノーケルクリア・足がつった時の対処も含め、事前に練習しておきましょう。三宅島・御蔵島はフェリーや空路で行けます。

1811
Karin・16.07.29

一度出会うと夢中になる!野生の海亀と一緒に泳げるビーチ

慶良間諸島の中でも海亀との遭遇率が高く、地元の人によると大小9匹の野生の海亀が住んでいるようです。触らない・追いかけ過ぎないことを心がけて一緒に泳げば、一生忘れられない体験になるでしょう。

1241
Karin・16.11.29

日本有数の漁獲高を誇る駿河湾の穫れたて生しらすを味わう二色丼

日本でも有数の漁獲高を誇る駿河湾のしらす。足が早いため、その日に穫れた新鮮な生しらすが味わえるのは水揚げされた近辺の限られた範囲内のみ。旬は春秋、釜揚げしらすとの二色丼でふたつの食感を同時に楽しんで。

633
Karin・16.05.17

浜には自分の足跡だけ!カヤックでしか上陸できない無人のビーチ

加計呂麻島は山が迫った入り組んだ地形のため、無人の白砂ビーチが点在しています。陸から行けないビーチはカヤックで。この日の朝は波が穏やかだったので宿のカヤックを借りて透きとおった水面を堪能しました。

473
Karin・16.06.17

神津島の裏玄関。旅人を迎える日本離れした迫力の大斜面の風景

神津島の裏玄関、多幸湾では天上山からの白砂の崖崩れによる迫力のある風景が見られます。奥の山の壁面には、帯状の黒曜石の層も。今もなお崩れ続ける風景のすぐ手前は、なんとコバルトブルーの海水浴場です。

ログイン