X-T20

トラベルフォトグラファーがX-T20で撮影した写真を紹介します。風景やポートレートからフードまで、X-T20のカメラで撮影されたおすすめの旅行スポットの写真を掲載しています。また、X-T20の価格や評価は下記のリンクよりご覧ください。

X-T20の写真 21件[1-10]

2月中旬から3上旬にかけて、東京スカイツリーの周りで河津桜が咲きます。たった数本ですが、撮り方を工夫することで、河津桜とスカイツリーを一緒に写すことができます。

雨の日にだけ見ることのできる東京駅のリフレクション。 水たまりの中をのぞくと、まるでヨーロッパのような幻想的な光景が広がります。 カメラを持っている方は、ぜひ撮りに行ってほしいポイントです。◎この光景を撮ることができるのは、雨上がりの夜。水たまりの位置と大きさで撮る写真が変わるので運次第ですが、意外と小さな水たまりでも撮ることができます。

広大な敷地に38万本のひまわりが咲き誇る場所。 上からひまわり畑を見下ろして撮影できるスポットもあるため、様々な角度からひまわりを楽しむことができます。◎基本的に車でないとアクセスが難しい場所ですが、バスを乗り継いで行くことも不可能ではないです。 最寄駅からそこまで遠くないので、タクシーを使うこともできます。

ハートの猪目窓が大人気の正寿院。夏限定の風鈴祭りはどこを撮っても絵になる可愛さ。風が吹くと一斉に鳴り響く音色は真夏の暑さを忘れさせてくれます。◎2018年から事前予約が必要になりました。車以外のアクセスも難しいので、事前にしっかり確認してから行くことをおすすめします。

濃いピンク色が特徴の河津桜。その河津桜の名所と呼ばれる場所が、この河津桜まつりを開催している河津町。美しい桜並木が立ち並ぶ光景は、何度見てもまた訪れたくなります。早咲きの桜なので、2月から楽しめることもうれしいポイントです。

一面に広がる梅林の姿はまさに圧巻。改めて梅の美しさに気づかされる場所です。 上からの景色が有名ですが、梅林の中にも入ることができます。 上からも下からも楽しむことができる数少ない絶景です。◎公共交通機関で行けない場所なので、見頃の時期は渋滞がひどいです。 光の向きからも写真撮影は午前中を推奨されているため、できるだけ早起きして向かうことをおすすめします。

世界中から100機以上のバルーンが集まるアジア最大級のイベント。彩り豊かなバルーンが一斉に飛び立つ姿は圧巻です。◎朝と昼の1回ずつ開催されますが、おすすめは朝の時間帯。風が弱い朝の時間帯の方が開催確率が高く、朝焼けとバルーンを撮影できることもポイントです。

広大な自然の中で一本だけ凛と咲く桜。今まで見た桜の中で一番感動しました。バックの岩手山の雪が魚が上を向いている形をしているので「鯉のぼり」とも言われています。◎ホームページに開花時期は5月中旬とありますが、この写真は満開状態の2018年5月5日に撮影。散るスピードも早いので、見頃になったらすぐに行くことをおすすめします。

広い畑に何万本ものひまわりが咲き誇る光景はまさに圧巻。6カ所のひまわり畑で時期と場所をずらして開花するため、1ヶ月間ひまわり畑を楽しむことができます。

奈良県桜井市の笠地区にはたくさんの蕎麦畑が点在しています。目的地を「荒神の里 笠そば処」に設定して車で向かったところ、周囲でたくさんの花畑に巡り合うことができました。見頃は9月中旬から下旬。

PREV

×
ログイン