Canon EOS 5D Mark II

トラベルフォトグラファーがCanon EOS 5D Mark IIで撮影した写真を紹介します。風景やポートレートからフードまで、Canon EOS 5D Mark IIのカメラで撮影されたおすすめの旅行スポットの写真を掲載しています。また、Canon EOS 5D Mark IIの価格や評価は下記のリンクよりご覧ください。

Canon EOS 5D Mark IIの写真 18件[1-10]

4451
yascolo・18.01.08

まさにアイスモンスター!トドマツが氷雪で覆われた『樹氷』

トドマツに雪雲の氷雪が付着して出来る『樹氷』は、アイスモンスターの別名を持つほど、異様な形!毎年2月頃にはロープウェイで行ける蔵王の山頂で、見事な樹氷を楽しみながらスキーや散歩を楽しめます。◎山形駅から蔵王温泉にバスで向かいます。お車の方は駐車場もあります。蔵王温泉からはロープウェイが出ており、地蔵山頂駅から樹氷を眺めることができます。なお、湿気を含んだ寒さは晴れても痛いくらいのですので、防寒対策は万全に!

564
yascolo・18.08.07

見てのお楽しみ!年によって変わる、智恵文の広大なひまわり畑

北海道のひまわり畑と言えば北竜が有名ですが、もう一つ、名寄市の智恵文も見事なひまわり畑です。年によって作付けする場所が変わるので、どんな風景かは行ってみてのお楽しみ。(写真は2010年と2014年)◎智恵文の各地にひまわり畑が点在しているため、車移動か智恵文駅からのレンタサイクルをお勧めします。(レンタサイクルが今年もあるかどうかはご自身で確認を。坂があるため、大変だと思います。)

350
yascolo・18.06.11

約15万株ものアジサイが両側に咲き誇る、圧巻のお写んぽ道

階段を上ると、そこは見渡す限りのアジサイが斜面にいっぱい!ぐるりと周りに、上にも下にも、たっぷりアジサイを楽しむことができる人気スポットです。朝早く来ると人少なめで絶好のお写んぽ道かも♪◎あじさい祭り期間中にはペリー上陸記念碑前に臨時駐車場ができます。公共交通機関の場合は伊豆急下田駅から徒歩またはバスで行くことができます。

327
yascolo・18.01.10

日本三大水仙群生地!冬を彩る数多くの水仙

寒さが厳しくなる1月。そんな中、首都圏から比較的近い鋸南町では、寒さに負けずに数多くの花を咲かせる水仙を目一杯楽しむことができます!◎JR内房線保田駅から徒歩圏内に江月水仙ロードがあります。また、をくづれ水仙郷は同じく保田駅からバスでアクセスできます。また、どちらも駐車場もあります。

269
yascolo・18.01.16

富士山と鮮やかな干しトウモロコシが美しい、冬の忍野八海

清冽な池が点在する冬の忍野八海は、時として雪に包まれ、水墨画のよう。そんな中、干しトウモロコシが暖かみのある鮮やかな色彩を放ってました。これらは粉にしておやきなどを作るらしいですよ!◎公共交通機関では富士急の富士山駅からバスが出ているそうです。駐車場も完備。

272
yascolo・18.01.14

水仙の向こうに海が見える!斜面に広がる日本三大水仙群生地

水仙の向こうの海、背後の斜面にも水仙…そんな開放感ある日本三大水仙群生地の一つが、淡路島の灘黒岩水仙郷です。晴れていれば青い海が楽しめ、夕暮れ時はご覧のような雰囲気に。是非風景とともに楽しんで下さい。

228
yascolo・18.01.05

弘前の冬は綺麗で楽しいぞ!イベント『弘前城雪燈籠まつり』

雪が降り、寒さが厳しい冬の青森県。でも弘前城公園では冬のイベントが楽しめます。たくさんの灯篭やミニかまくら、イルミネーションなど、寒さを忘れる美しいものばかり!◎弘前駅からバスが出ていますし、駐車場も周辺に数多くあります。

182
yascolo・18.02.09

崖に建てられた神社の迫力ある景観

朝早くに訪れた鵜戸神宮。日本有数の絶景の神社といえるでしょう。太平洋から昇る朝日に照らし出された崖と神社の景観は、心現れる印象的なものでした!◎宮崎空港や駅からバスが出ているようです。駐車場もあります。

176
yascolo・18.04.06

1000年の時を経て--滝のような枝ぶりに圧倒される三春滝桜

三春滝桜は樹齢1000年を超え、東日本大震災にも耐えた巨木。下から見ると、滝のように降り注ぐかのような桜の花に圧倒されます!ライトアップも妖艶ですよ♪◎日本で最も有名で人気のある一本桜だけあって、数多くの方が訪れます。震災の原発事故で客足の減った2011年ですら、早朝から駐車場前が軽く入場待ちになっていたほど。渋滞を避けたい場合は出来るだけ早い時間帯に行くこと、それが無理な場合は時間に十分な余裕を持つことをお勧めします。

165
yascolo・18.06.26

数多くの白い紫陽花「アナベル」を愛犬と楽しめる園内

ここでは15000株の紫陽花が見られます。名物はやはり白い紫陽花「アナベル」。奥には雪山のようなアナベルの群生があります。また、ここでは愛犬と紫陽花を楽しむこともできますよ!◎駐車場完備。公共交通機関の場合は、八王子駅や秋川駅からバスを利用して東京サマーランドに向かい、そこから園内シャトルバスを利用することで行けるようです。なお、写真は「わんダフルネイチャーヴィレッジ」になる前(2010年)のものですが、公式サイトを見る限り、アナベルの雪山は健在だそうです。

PREV

ログイン