Canon EOS 5D Mark III

トラベルフォトグラファーがCanon EOS 5D Mark IIIで撮影した写真を紹介します。風景やポートレートからフードまで、Canon EOS 5D Mark IIIのカメラで撮影されたおすすめの旅行スポットの写真を掲載しています。また、Canon EOS 5D Mark IIIの価格や評価は下記のリンクよりご覧ください。

Canon EOS 5D Mark IIIの写真 77件[1-10]

『クリスマスツリーの木』は美瑛の丘に立つトウヒの木。下にはジャガイモ畑が広がり、夏には花を咲かせ、そして冬には白銀の丘に!畑には絶対に入らず、道路の上からじっくり眺めてみてください。◎基本的にはレンタカー。鉄道を使う場合は美馬牛駅が近いですが、美瑛駅からタクシーを使った方が良いかもしれません。

与那覇前浜ビーチは海の透明度と砂の白さが印象的で、東洋一のビーチと呼ばれます。パラソルの下でのんびりするも良し、水に浮かんでみるのも良し、水上バイクも!近くの来間大橋では、海を眺めながらのドライブも!◎基本的にはレンタカーがお勧めです。バスの場合は平良から上地南バス停で降りて、そこから徒歩15分程度で行けるそうです。

京都市街に雪が積もると、世界遺産の神社やお寺の景色が一変します。特に雪の金閣寺はご覧の通りの美しさ!海外の方も含め、寒い中多くの人々が訪れ、行列を作るほどの雪の人気スポットです。◎京都市街の雪の日は決して多くありませんが、一年に一度くらいは寒波があると思いますので、そんな寒い日に雪雲が来たらチャンスです。(この写真は2011年と2017年の雪の日でしたが、前々日に天気予報を見て撮影を決めてます。)雪が融けないうちに向かってください。アクセスについては、京都駅などからバスが出ています。雪の日は時間に余裕を持ってお出かけください。

最高の天の川が見たくなり、訪れた宮崎県の山奥。営業シーズンを終えた日本最南端のスキー場の駐車場の上には、吸い込まれそうな漆黒の空と満天の星空、白くはっきりとした天の川が見えました!◎夜のアクセスは車のみのはずです。星見スポットはどうしても車がないと行くのが難しいです。なお、天の川の写真はすべて高感度で撮影しております。実際は白いモヤのように見えます。でも、きっとその濃厚な天の川に感動すると思いますよ!なお、冬はスキー場が営業するので、その灯りで星見には適さないと思います。

首都圏から電車一本で行ける小江戸 川越。定期的に鐘で時間を知らせる『時の鐘』や重厚感ある蔵造りの町並みは雪がよく似合いました。お店がたくさんあり、日中は特に多くの方で賑わいます。寄り道がおすすめ!◎東武東上線やFライナーなどにより、川越への電車でのアクセスは格段に良いです。(雪の日はダイヤが混乱します!時間に余裕を持って行動してください。)駅からは徒歩でも行けますし、バスもあります。車でもコインパーキングなどに止めることはできますが、混雑することもあり、お勧めしません。

透明な仕切りの中で飼っている小鳥たちを見ながら、鳥の形をしたケーキや、コーヒー・紅茶などを楽しめる店です。写真は限定のシマエナガのケーキ。飾りも鳥のものばかりです。◎表参道駅から10分程度歩きます。車の場合は、コインパーキングが近くにあります。

永源寺には数多くのモミジがあり、「もみじ寺」とも呼ばれるほどです。秋になるとご覧のように境内が紅く埋め尽くされ、太陽が出ていると艶やかに照り輝きます!◎永源寺の周りには駐車場があります。公共交通機関の場合は、八日市駅からバスで35-40分で行けるようです。

備中松山城は、秋になり寒暖差が大きい日だと、見事な雲海に包まれることがあります。隣の山に備中松山城展望台がありますので、何百年もの間残り続けた現存天守が雲海に浮かぶさまをご覧になることができますよ。◎備中松山城展望台が隣の山にあります。検索サイトで検索すると行き方がいくつか出てきますので、参考になると思います。私は車で行きましたが、車を運転できない方は『観光乗合雲海タクシー』が 備中高梁駅から雲海シーズンの早朝に出るとのことなので、利用できそうです。(要予約)

東日本大震災で中止していた松島基地航空祭。2017年より復活を遂げ、宮城の青空へ翔ぶブルーインパルスにハートを射抜かれました!その他、基地ならではの様々な車両や防空展示もお見逃しなく。◎駐車場は事前予約制です。予約できなかった方は、必ず公共交通機関で向かいましょう。また、基地内に出店があり、そこで様々なものが買えます。

通りすがりに看板を見つけ、行ってみたら…枝ぶりが横に広がる木!1000年もの間、枝を42m以上も広げてきた美しい形は、きっと貴方にとっても気になる木になるはず!◎阿波加茂駅から徒歩圏内で駐車場もあります。近くからだけでなく、この写真のように離れた場所から眺めてみると、形の美しさがよくわかるかも。

PREV

×
ログイン