復興のシンボル!羽ばたくウミネコがモチーフの美しい駅舎が自慢

Loading...

東日本大震災で壊滅的な被害を受け、4年の歳月を経て再建。建築家坂茂によってデザインされた新駅舎は、ウミネコをイメージした白い曲線の屋根が特徴的。復興のシンボルとして女川の新たな名所となっています。

ガイド

被害を受け、震災前より約200m内陸、7〜9mかさ上げされた場所に移設。3階建ての建物に駅舎や足湯、町営温浴施設「女川温泉ゆぽっぽ」や物産コーナーも併設されています。

www.onagawa.org

宮城県の旅行スポット


投稿する