早朝の空気がキリリ!いにしえを感じる唯一無二の美景が自慢

Loading...

秋の早朝のヒンヤリとした空気の中、朝日でゴールドに輝く橋を渡ればまさに月を渡るかのような気分に。京都の歴史が最も輝く時間は朝なのかもしれません。

場所
渡月橋
ガイド

谷崎潤一郎の『細雪』、時代劇『必殺仕事人』など多くの創作品の舞台にもなった場所です。朝早めのアクセスは人が少なくスムーズ、かつ写真も撮りやすいことでしょう。

kanko.city.kyoto.lg.jp
投稿する