圓光寺

京都府京都市のおすすめ観光スポット、11月中旬から12月上旬に見頃を迎える紅葉の名所として知られる、圓光寺(えんこうじ)を紹介します。地図やアクセス、周辺スポットなどの基本情報はもちろん、実際に圓光寺を訪れた旅行者が投稿した見所や写真を掲載しています。※拝観料は、大人500円、中高生400円、小学生300円。[更新日: ]

見どころ 3件

錦織りなす紅葉の絵画。美しい秋の額縁庭園

紅葉の人気スポットとして、知名度が上がって来た圓光寺。夏には美しい緑の庭が、秋には色とりどりに紅葉し、額縁庭園を華やかに染め上げます。散り紅葉の時期はお地蔵さまの周りも一面赤い絨緞になりますよ♡
mapiness2017.11.22
額縁のように撮影するには人がはける瞬間を待つしかありませんが、お寺の方が声を掛けてくださるので十分チャンスはあります!

一枚の絵画として味わう、圓光寺の額縁庭園

徳川家康が教育の発展を目的として建立した学校であった圓光寺。苔むした見事な庭園「十牛之庭」は、書院の柱によってまるで絵画のように味わう事ができます。豊かな自然が心安まるひと時を与えてくれます。
mapiness2017.09.24

誰もが思わず笑顔になる♡圓光寺のにっこり童地蔵

額縁庭園で有名な圓光寺には笑顔がとっても可愛い童地蔵さまが♡思わず笑顔が伝染します!白砂の雲海に奔る龍を表した枯山水「奔龍庭」や、清らかな音色を奏でる手水鉢の「水琴窟」など他にも見所満載のお寺です。
mapiness2017.09.26

基本情報

住所

京都府京都市左京区一乗寺小谷町十三番地

アクセス

バスで京都駅より35分「一乗寺下り松町」下車のち徒歩10分. 一乗寺駅より徒歩15分. 車で京都駅より30分(駐車場あり).

地図

Loading...

周辺の観光スポット

青蓮院門跡

庭園に浮かぶ仄かな明かり!明滅する青いライトアップ

京都の青蓮院門跡では毎年春と秋に夜の特別拝観が開催されています。期間中はお庭の至る所がライトアップされていますが、神殿横の庭園ではまるでホタルのように明滅する青い光に包まれた光景を見ることができます。

瑠璃光院

机の天板に美しく反射した青もみじリフレクション

2018年春の特別拝観が6/15まで催されています。心癒される空間が広がっており、SNSで話題の机の部屋は見る角度によってリフレクションが変化し、煌びやかで美しいです。

びわ湖花火大会

優美な光のアーチ、日本最大の琵琶湖上に咲く満開の花火

びわ湖大花火大会は30年以上前から毎年8月に滋賀県大津市で開かれています。花火自体の迫力はもちろん湖上というロケーションを活かした演出にも注目です。

永観堂(禅林寺)

秋の京都はやっぱり「もみじの永観堂」

秋の京都といえば昔から「もみじの永観堂」と言われ、あまりにも有名な名所ですが、視界を赤や黄色の鮮やかなもみじに埋め尽くされる感覚は有名なだけあって圧巻です。

将軍塚青龍殿

限定公開の素晴らしい「ガラスの茶室」と京都市内一望大パノラマ

市内一望の眺望はもとより、清水寺の舞台の4.6倍の広さを誇る圧巻のスケールに、期間限定でデザイナー・吉岡徳仁の「ガラスの茶室」が設置。光を受けると七色の輝く姿は一見の価値あり!

南禅寺

お寺の境内に水路の橋!?レトロで美しいアーチの連続

琵琶湖の水を京都へ運ぶ為に造られた琵琶湖疎水の一部である南禅寺水路閣。曲線が美しいレンガ造りのアーチ橋は寺の境内を通る為、景観に配慮して明治にデザインされたもの。今尚現役で琵琶湖の湖水を運びます。

祇園祭

毎年20万人以上が訪れる、1150年前からあるお祭り

祇園囃子や普段見れない山鉾をはじめ、屋台などが楽しい! あの四条通りが堀川〜東大路通まで歩行者天国になります!

大文字山(如意ヶ嶽)

五山の送り火「大」の山はハイキングにも!バツグンの眺望

五山の送り火で有名な大文字山は、子供でも登り降りできる気軽なハイキングスポットしても人気。送り火の火床からは市内が一望でき、その素晴らしい眺望に心が洗われる事間違いナシ!

法輪寺(だるま寺)

8000体のだるまに願いを!だるまにまみれる節分祭

だるま寺と呼ばれるだけに、境内には様々なだるまが8000体以上が安置されている。節分祭が有名で、願いを書いた御札をだるまに貼り付けるのが習わし。期間最後には大だるまが御札で埋め尽くされ真っ白に!

京都水族館

クラゲ好き必見!京都水族館のインタラクティブアート

アロマの香りに囲まれた暗闇の中に映し出されたクラゲ達が予測不可能な光の演出に彩られ、とても幻想的な空間を作り出します。この冬はクラゲのゆらゆらした動きに癒されてみてはいかがでしょうか?

京都府

投稿する