長崎県の観光スポット

鎖国時代に国内で唯一、海外との貿易が認められ、異国の文化が入り混じる九州地方の北西部に位置する長崎県(ながさき)でおすすめの観光スポットを、実際に長崎を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった観光スポット』に基づいて掲載しています。お花やイルミネーションに彩られヨーロッパンの街並みを楽しめるテーマパーク「ハウステンボス」、世界遺産の構成資産に含まれる洋館など豪華な建築が立ち並ぶ「グラバー園」、近代化産業を支え廃墟となった今も人々を魅了する炭鉱の島「軍艦島」や名物であるちゃんぽんやトルコライスのグルメが人気です。

地域
観光

観光スポットランキング [1-10]

1軍艦島

栄枯盛衰、男のロマンを蘇らせる廃墟が再び注目を浴びる世界遺産

まるで軍艦のような形をした本名「端島」。今なお残る日本初の鉄筋コンクリートマンションなどの廃墟群はとてつもなく異様な光景。異様なオーラこそ当時炭鉱で働く男たちのロマンを蘇らせる世界遺産です。

2眼鏡橋

水面の反射でまるで「眼鏡」に見える、日本最古のアーチ型石橋

日本橋や錦帯橋と共に日本三名橋と言われる国の重要文化財

3グラバー園

世界遺産や重要文化財が立ち並ぶ、明治期の高級邸宅街

世界遺産の構成資産に含まれる旧グラバー住宅を中心に旧リンガー住宅や旧オルト住宅など明治期の輝かしい歴史を物語る建築が立ち並ぶ景観を楽しむことができる長崎の人気観光スポット。

4展海峰

長崎を代表する絶景、無数の島々が密集する九十九島の大パノラマ

島々の密集度は日本一といわれる九十九島の絶景スポット。市街地から離れているためアクセスは少し悪いが、それが苦にならないほどの美しい長崎を代表する絶景に出会える。

5稲佐山

世界新三大夜景の一つ、輝く長崎市の夜景を楽しめる展望台

長崎市の夜景は、モナコ・香港と並び世界新三大夜景の一つに選ばれています。中でも特に人気なのは稲佐山山頂展望台からの眺め。連日多くの観光客が訪れています。

6ハウステンボス

空を舞うカラフルなアンブレラストリート

アンブレラストリートと言えばポルトガルのアートフェスティバルが有名ですが、ハウステンボスの約130mの街並みが7色のカラフルな傘に彩られるアンブレラストリートは約1,000 本の傘が並ぶ。

7九十九島パールシーリゾート

九十九島の入り江を船体を傾け突き進む、圧巻のクルージング

海の女王をイメージしたパールクイーン号で九十九島クルージング。日本一島々が密集するエリアなので島の間を船体を傾けながら突き進むアドベンチャーなクルージングが魅力。特に松浦島エリアは迫力満点です。

8山王神社

その立ち姿は見事の一言!被爆しても立ち続ける二本の大楠

長崎市の山王神社には被爆しながらも、立派に立ち続ける二本の大楠があります。被爆後一時は枯れ木同然となりましたが、2年ほど後に奇跡の復活を遂げており、その姿からは力強さと勇気を与えられます。

9辰の島巡り遊覧クルーズ

自然の造形美を堪能できる遊覧クルーズ

長崎県の離島、壱岐島の北西部に浮かぶ小さな辰の島。海の透明度が高く、島の外周は奇岩や断崖絶壁が続いており、遊覧クルーズでは島の圧倒的な自然美に酔いしれることができます。

10鍋冠公園

1000万ドルの夜景を広く立体的に眺められる展望台

世界新三大夜景の一つとされている長崎の夜景。夜景は遠くからだと平面的に、近すぎると見える範囲が狭くなってしまいますが、鍋冠公園は町からの距離がよく、広く立体的な夜景を眺められるスポットです。

PREV

長崎県

投稿する