京都府の観光スポット


京都府でおすすめの観光スポットを紹介します。 実際に京都府を訪れた旅行者や地元民が、City's Prideに投稿した、自慢したいほど「本当に行って良かった!」と思えた素敵な観光スポットに基づいて掲載しています。全72件 [21-40]

地域
ジャンル

正寿院

京都で話題のフォトジェニックなお寺♡福を招く猪目窓

正寿院は今話題のお寺。その人気の1つは新緑が目を惹く猪目窓。猪目とはハート型で招福を意味し、日本古来から使われているそう!また同じ客殿には160枚の美しい天井画があり、訪れた人々を楽しませてくれます。

五感で涼を感じる。正寿院の風鈴まつり

正寿院では毎年夏に風鈴まつりが開催されています。境内にはたくさんの風鈴が吊るされていて、涼やかな音色が響き渡っています。47都道府県のご当地風鈴を楽しめたり、絵付け体験もできますよ!

シャガの群生地

その数100万株!水源の里に佇むシャガの大群生地

水源の里・老富にあるシャガの大群生地は、数年前写真家によって偶然発見されたそうで、その数100万株とも言われるほど。満開時は山肌に至るまで、360度シャガの白い世界に包まれます。

天橋立ビューランド

飛龍観として眺める日本三景 天橋立

日本三景 天橋立は、景観は龍が降臨するように例えられる。しかしここではその逆、飛龍観として楽しむことができる股のぞきが流行りです。そう、股の下から逆に見て楽しむ!! 詳しくはLINKへ。

平等院

池に浮かぶ世界遺産、10円硬貨としても有名な鳳凰堂

池の中島に建てられた宮殿。藤原摂関時代を象徴する華やかな造りは、類を見ない世界遺産です。10円硬貨としてはとても有名で、一度は見ておきたいですね。また、修繕工事が完了した今はさらに輝きが増しました

銀閣寺

波打つ銀の砂模様が美しい庭園

金閣寺とは対照的に、いぶし銀な落ち着いた雰囲気の銀閣寺。波打つ風景を描写した銀沙灘(ぎんしゃだん)、向月台(こうげつだい)と呼ばれる砂山に、東山文化の侘びさびを感じます。

左右非対称のバランスに独特の美意識を感じる銀閣寺垣

石垣、竹垣、生垣を左右非対称で組み合わせた銀閣寺の参道。当時の独特の美意識が感じられます。

清水寺

空を貫く青い光

京都観光の定番、清水寺。年に三回ほど行われる夜の特別拝観時には青い光が京都の空を貫きます。この光は観音様の慈悲の心を表しているとのこと。

紅葉のライトアップと調和する清水の舞台

「清水の舞台から飛び降りる」の語源となった本堂の舞台。断崖の上にせりだし、市街地の眺望も最高。

渡月橋

早朝の空気がキリリ!いにしえを感じる唯一無二の美景

秋の早朝のヒンヤリとした空気の中、朝日でゴールドに輝く橋を渡ればまさに月を渡るかのような気分に。京都の歴史が最も輝く時間は朝なのかもしれません。

原谷苑

桃源郷のよう!ピンクに染まる夢のような桜の園

京都の奥座敷、原谷で春秋に公開される庭園。季節の植物が豊富で観る者を楽しませますが、特に圧巻は春の桜で、一面ピンクに染まるその姿は一見の価値あり。桜の時期は混み合いますがわざわざ訪れて欲しいスポット。

京都大原三千院

わらべ地蔵に癒される♡三千院の苔むした庭園

四季折々の美しい自然が楽しめる京都大原にある三千院。庭園は苔に覆われ、美しく心落ち着く景色に非日常を感じることができます。庭園にはわらべ地蔵さまがいて、その可愛らしさにも癒されます。

北野天満宮

これからが見頃!北野天満宮の「史跡御土居の青もみじ」

紅葉の名所として知られる北野天満宮の「もみじ苑」には樹齢400年前後のもみじがおよそ350本あり、5月になると新緑の景色が人々に静寂と涼しさを与えてくれます。

夜空に浮かび上がる本殿と笹の葉のコントラスト「京の七夕」

今年で8回目を迎える「京の七夕」会場のひとつで、ライトアップされた境内には笹の葉が並べられ幻想的。夏の夜ならではの静かで涼やかな雰囲気を味わう事ができます。

長刀鉾町

夏の夜空に響くコンチキチン♪日本三大祭「祇園祭」宵山

京都の夏の風物詩、祇園祭の中でも一番盛り上がる宵山。各鉾や山の提灯に火が灯り、コンチキチンという音色の祇園囃子が幻想的で、お祭りムードを盛り上げます。

祇園祭のメインイベント!前祭(さきまつり)「山鉾巡行」

7/17の山鉾巡行は四条烏丸交差点をスタートし、大通りを23基の鉾や山が巡行。動く美術館と称される鉾や山の装飾は、豪華絢爛で見応え充分。京都らしさ満点の祭りを堪能してください。

南禅寺水路閣

お寺の境内に水路の橋!?レトロで美しいアーチの連続

琵琶湖の水を京都へ運ぶ為に造られた琵琶湖疎水の一部である南禅寺水路閣。曲線が美しいレンガ造りのアーチ橋は寺の境内を通る為、景観に配慮して明治にデザインされたもの。今尚現役で琵琶湖の湖水を運びます。

京都御所

やはり圧倒的!シンボリックな存在《京都御所》

通年参観が許されたとは言え千年の都の象徴、厳重なセキュリティガードを通り立ち入ればその圧倒的な威厳とスケールに背筋も伸びる思い。紫宸殿の砂紋、月華日華門の朱、小御所の跳ね上げ扉…究極の御宅拝見です。

木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)

謎多きミステリースポット・全国的にも珍しい「三柱鳥居」

「蚕ノ社」とも呼ばれるこちらには、あまり類を見ない「三柱鳥居」がある事で有名。宇宙やキリスト教の心理を表すなど諸説が多く、ミステリースポットとして近年参拝客が増えています。

足付け神事の起源はここから!?無病息災を願う「御手洗祭」

御手洗祭と言えば下鴨神社が有名ですが、木嶋神社の方が歴史が古く下鴨神社の起源という説も。普段は枯れている「元糺の池」に地下水が張られ、足をつける事で無病息災を祈ります。地下水が冷たく気持ちいい!

愛宕神社

この日に参ると千日分のご利益・愛宕神社「千日詣り」

7/31夜〜8/1朝にかけて参ると千日分のご利益があると言われ、約4kmの山道を大勢の参拝客が夜通し登ります。ここでしか手に入らない「火迺要慎(ひのようじん)」のお札はマストアイテム。

桜のトンネル(嵐電北野線・鳴滝駅〜宇多野駅間)

見事な桜並木がお出迎え!嵐電名物「桜のトンネル」

桜のトンネルを走る嵐電は春の風物詩で、1両編成のかわいい電車が走る様は、車窓からはもちろん、外からでも絵になる光景。満開時には夜桜電車も運行され、1日を通して桜のトンネルが堪能できます。

醍醐寺

太閤秀吉の「醍醐の花見」で有名な醍醐寺の桜

ソメイヨシノや枝垂れ桜など約1000本の桜が咲き乱れる京都で人気の桜の名所です。毎年4月の第2日曜日に「豊太閤花見行列」のお祭りがあります。秀吉自ら設計した三宝院の美しい回遊式庭園も必見です!

蹴上インクライン

線路を辿れば歴史に繋がる、世界最長の傾斜鉄道跡

蹴上インクラインは全長582mの世界最長の傾斜鉄道跡。琵琶湖から京都を繋ぐ琵琶湖疎水の急斜面で船を運航するために敷設されたもの。春にはソメイヨシノ、初夏には新緑が見事なアーチを作り、人々を魅了します。

宝厳院

春と秋のみ拝観できる名園!紅葉を照らす美しいライトアップ

今年も紅葉シーズンを迎えた嵐山。こちらの宝厳院は普段は拝観できませんが、春と秋にだけ一般公開されます。広く美しい庭園の紅葉は、夜はライトアップされ、昼とはまた違った姿を見せてくれます。

鹿王院

知る人ぞ知る紅葉の名所!広々とした見事な枯山水の庭園

枯山水の庭園が見事で、紅葉シーズンは苔とのコントラストが美しい。有名寺院ほど混み合っておらず、比較的ゆったり見物できる。客殿に掲げられている額は、開基した足利義満によって書かれたものだと言われている。

2016年秋初開催!光に照らされた紅葉のトンネル

2016年初めて行われた、1日限定100名の夜間特別拝観。昼間でも見応えある紅葉のトンネルは、ライトアップで更に輝きを増し言葉を失うほどの美しさ!2017年以降も是非継続して欲しい特別拝観です。

新着