京都府の観光スポット#建造物


京都府でおすすめの観光スポットを紹介します。 実際に京都府を訪れた旅行者や地元民が、City's Prideに投稿した、自慢したいほど「本当に行って良かった!」と思えた素敵な観光スポットに基づいて掲載しています。全32件 [1-20]

地域
建造物

青蓮院門跡

庭園に浮かぶ仄かな明かり!明滅する青いライトアップ

京都の青蓮院門跡では毎年春と秋に夜の特別拝観が開催されています。期間中はお庭の至る所がライトアップされていますが、神殿横の庭園ではまるでホタルのように明滅する青い光に包まれた光景を見ることができます。

平成の絵師が描く襖絵。格式ある寺院と現代アートの融合

紅葉や春秋の幻想的なライトアップで知られる青蓮院門跡。華頂殿には絵師・木村英輝氏が描いた「青の幻想」「生命賛歌」「極楽浄土」と美しい蓮の襖絵が並びます。不思議とマッチするお寺と現代アートの融合は見事!

将軍塚青龍殿

限定公開の素晴らしい「ガラスの茶室」と京都市内一望大パノラマ

市内一望の眺望はもとより、清水寺の舞台の4.6倍の広さを誇る圧巻のスケールに、期間限定でデザイナー・吉岡徳仁の「ガラスの茶室」が設置。光を受けると七色の輝く姿は一見の価値あり!

9月10日公開終了!クリスタルの輝きが美しい「ガラスの茶室」

2年公開されていた「ガラスの茶室」も9/10が最後。茶室やベンチまですべてガラスでできていて、光を浴びてキラキラ光る姿が美しく、絶景とのコントラストも最高。見た事ない人は急いで!

伏見稲荷大社

無数の鳥居が並ぶ神秘のトンネル、千本鳥居

朱色の鳥居が立ち並び、異次元空間へと繋がるトンネルのようです。とても神秘的で、外国人観光客からも非常に人気の高い日本自慢の観光スポットです

レアなおみくじも!お稲荷さんの三文字表記の珍しいおみくじ

千本鳥居が有名な伏見稲荷大社のおみくじは、三文字で表記される珍しいタイプ。大吉より縁起がいいとされる「大大吉」はかなりレアで引けたらラッキー!ちなみに画像の「末大吉」は第5位(笑)。

東寺

五重塔とも相性ばっちり!ライトアップされた枝垂れ桜

京都駅から徒歩で行ける東寺。その五重塔は日本一の高さを誇り京都観光の人気スポットの一つとなっています。さらに春には枝垂れ桜も楽しむことができ、夜にはライトアップされた桜がとても幻想的です。

約55mと木造塔として日本一の高さを誇る五重塔

木造塔としては日本一の高さを誇る五重塔です。今回は、夕暮れ時の雅な姿を写すことができましたが、桜が満開時のライトアップなどイベント時にはさらに美しい景観に出会うことができると思います。

松尾大社

酒造りにも使われた、神秘的な名水のパワースポット

境内奥の山裾の「霊亀(れいき)の滝」はパワースポットとして人気で、滝手前の「亀の井」の水は延命長寿・蘇りのご利益があると言われ、酒造りにも使われた縁起のいい名水です。

境内を彩る鮮やかな黄金色・関西随一の山吹の名所

約3000株の山吹が咲く松尾大社は、関西随一の名所として人気。鮮やかな黄金色は新緑や青空に映え、香りにもうっとり。八重だけでなく一重や菊咲、有料の庭園では白山吹も咲き見応え充分。

美山かやぶきの里

古き良き京都の里山!日本の原風景が残る"かやぶきの里"

昔ながらの茅葺き民家が並ぶ京都・美山のかやぶきの里。その日本の原風景を残す趣ある茅葺き民家の集落は重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。風情溢れる京都の里でスロートリップを。

法輪寺(通称・達磨寺)

8000体のだるまに願いを!だるまにまみれる節分祭

だるま寺と呼ばれるだけに、境内には様々なだるまが8000体以上が安置されている。節分祭が有名で、願いを書いた御札をだるまに貼り付けるのが習わし。期間最後には大だるまが御札で埋め尽くされ真っ白に!

買えるのは節分祭だけ!だるまの焼印がめでたい「名物だるま焼」

境内で販売されるだるま焼は見た目よくある回転焼ですが、節分祭の2/2,3しか発売されないレアなもの。たまごたっぷりで冷めてもおいしく、行列ができるほどの人気ぶり。節分祭と一緒に楽しんでみてください!

天龍寺

昔と変わらない美しさを保つ日本初の史跡・特別名勝、曹源池庭園

天龍寺と言えばやっぱり美しき庭園。日本初の史跡・特別名勝であり、嵐山を背景に池泉回遊式の曹源池庭園は、いつみても侘びさびを感じる清き景色。

晩秋の早朝に、己と向き合い動じない心を養う?!京都禅寺の石庭

身が引き締まる早朝の空気の中、自然のままを生かした曹源池庭園に美と己の在り方を見出してみましょう。「可愛い」を探す旅もいいですが、たまには飾りのない場所で背筋を伸ばしてみませんか。

平等院

池に浮かぶ世界遺産、10円硬貨としても有名な鳳凰堂

池の中島に建てられた宮殿。藤原摂関時代を象徴する華やかな造りは、類を見ない世界遺産です。10円硬貨としてはとても有名で、一度は見ておきたいですね。また、修繕工事が完了した今はさらに輝きが増しました

銀閣寺

波打つ銀の砂模様が美しい庭園

金閣寺とは対照的に、いぶし銀な落ち着いた雰囲気の銀閣寺。波打つ風景を描写した銀沙灘(ぎんしゃだん)、向月台(こうげつだい)と呼ばれる砂山に、東山文化の侘びさびを感じます。

左右非対称のバランスに独特の美意識を感じる銀閣寺垣

石垣、竹垣、生垣を左右非対称で組み合わせた銀閣寺の参道。当時の独特の美意識が感じられます。

渡月橋

早朝の空気がキリリ!いにしえを感じる唯一無二の美景

秋の早朝のヒンヤリとした空気の中、朝日でゴールドに輝く橋を渡ればまさに月を渡るかのような気分に。京都の歴史が最も輝く時間は朝なのかもしれません。

北野天満宮

これからが見頃!北野天満宮の「史跡御土居の青もみじ」

紅葉の名所として知られる北野天満宮の「もみじ苑」には樹齢400年前後のもみじがおよそ350本あり、5月になると新緑の景色が人々に静寂と涼しさを与えてくれます。

夜空に浮かび上がる本殿と笹の葉のコントラスト「京の七夕」

今年で8回目を迎える「京の七夕」会場のひとつで、ライトアップされた境内には笹の葉が並べられ幻想的。夏の夜ならではの静かで涼やかな雰囲気を味わう事ができます。

南禅寺水路閣

お寺の境内に水路の橋!?レトロで美しいアーチの連続

琵琶湖の水を京都へ運ぶ為に造られた琵琶湖疎水の一部である南禅寺水路閣。曲線が美しいレンガ造りのアーチ橋は寺の境内を通る為、景観に配慮して明治にデザインされたもの。今尚現役で琵琶湖の湖水を運びます。

京都御所

やはり圧倒的!シンボリックな存在《京都御所》

通年参観が許されたとは言え千年の都の象徴、厳重なセキュリティガードを通り立ち入ればその圧倒的な威厳とスケールに背筋も伸びる思い。紫宸殿の砂紋、月華日華門の朱、小御所の跳ね上げ扉…究極の御宅拝見です。

蹴上インクライン

線路を辿れば歴史に繋がる、世界最長の傾斜鉄道跡

蹴上インクラインは全長582mの世界最長の傾斜鉄道跡。琵琶湖から京都を繋ぐ琵琶湖疎水の急斜面で船を運航するために敷設されたもの。春にはソメイヨシノ、初夏には新緑が見事なアーチを作り、人々を魅了します。

伊根の舟屋群

1階が船着き場で、2階が居住空間!?伊根湾に立ち並ぶ舟屋

京都府の最北端に位置する丹後半島にある伊根町は重要伝統的建造物群保存地区の一つに選定されています。1階は船着き場、2階は居住空間と通常では考えられない海と生きる町の風情を見に多くの人が訪れています。

The Terminal KYOTO(ザ・ターミナル キョウト)

ザ・京都な町家!見事な庭に静寂なロケーションの喫茶スペース

通りすぎてしまいそうなさりげない外観ですが、奥に素晴らしいロケーションの喫茶が。こだわりのお茶やお菓子をいただきながら、静かにゆったり過ごせます。モーニング営業もありますがあまり知られておらず穴場!

平安神宮

平安遷都1100年を記念して創建、見事な朱塗りの建造物

1895年建造の比較的新しい神社ですが、京都のシンボルとしてすっかり定着、多くの参拝客が訪れます。広大な敷地に足を踏み入れると清々しく、心が洗われるようで凛とした気持ちになりますよ。

平安神宮の美しい神苑の池に架かる優雅な橋殿「泰平閣」

桜、菖蒲、紅葉など季節の花の美しい33,000平方メートルの池泉回遊式庭園で、4つの庭に分かれています。京都御所から移築された座って池を見渡せる優雅な橋殿「泰平閣」は必見です!

グンゼ博物苑

綾部はグンゼ発祥の地・蔵を活かした展示施設

肌着メーカーで有名なグンゼの発祥は実は綾部。綾部本社そば「あやべグンゼスクエア」内の博物苑では、創業から現代までの資料や機械を多数展示。繭から糸が作られていた過程がわかりやすく解説されています。

月桂冠大倉記念館

京都伏見で酒蔵めぐり。老舗で学べる酒造り

古くから酒蔵のまちであった京都伏見。誰もが耳にした事がある月桂冠の記念館では酒造りについて学べ、要である湧水が飲める井戸もあります。お酒の試飲も出来てお土産付きで、お酒好きにはたまりません!

PREV

新着