徳島が誇る絶景の滝 5選

日本三大盆踊り、阿波おどりで有名な四国徳島県。徳島を旅行する魅力の一つとして、県内様々な所を流れる絶景の滝巡りがあります。まるで秘境のような場所で山道を登らないと見れない場所もありますが、日本の滝百選に選ばれる美しい滝から個性が輝く滝まで、目にした瞬間、訪れてよかったと思える滝を実際に旅行したトラベルフォトグラファーの『まち自慢』情報を基に厳選しました。徳島県、自慢の滝をご覧ください。

轟の滝

徳島県南部の海陽町に位置する轟の滝は日本の滝百選の一つ。50mを超える落差があり滝自体も迫力満点ですが、流れ落ちる範囲がとても狭いのが特徴。大きな岩に囲まれているので、さらに神聖さを感じられます。

大轟の滝

3段に流れ落ちる豪壮な大轟(おおとどろ)の滝は徳島県のほぼ中央部に位置しています。階段状になっている滝はもちろんですが、滝壺の美しい澄んだ色も一緒に堪能できるスポットとなっています。

雨乞の滝

坂道を登ること30分、大自然のパワーに威圧感すら感じる、岩場にぐるっと囲まれた神秘的なサークル。3段の落差で流れる主滝の横にはもう一つ滝があり、夫婦滝とも呼ばれる日本の滝百選に選ばれた絶景スポット。

神通の滝

神通の滝は徳島県の神山町に位置する滝です。落差が30mとかなり大きく、冬には氷瀑になることもあり、名前に違わぬその神々しい姿が最大の魅力です。

琵琶の滝

緑で覆われた岩場と滝の白のコントラストがとても美しい。平家落人たち琵琶を奏でていたことから名の由来。水が透き通るように美しく、マイナスイオン溢れる観光スポット

\ 最新情報 /