四国最果ての楽園、高知県『柏島』の観光

高知県の西端にある柏島(かしわじま)でおすすめの観光スポットを紹介します。透明度が高く、美しいエメラルド色の海は「まるで地中海のよう」、「沖縄にも負けていない」と話題になっています。そこで、柏島やその周辺の見所を実際に訪れた旅行者がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど素敵だった観光スポット』を基に厳選しました。

目次

    四国最果ての楽園、高知県『柏島』の観光 4選

    新柏島大橋と柏島橋

    四国最果ての楽園を望む、2本のフォトジェニックな橋

    SNSやメディアでも話題沸騰の柏島。島を結ぶ2本の新柏島大橋と柏島橋は最初のフォトジェニックスポットです。底が見えるほど、美しく透明な海はもっと早く知りたかったの一言!

    柏島海水浴場

    カシワブルーを泳げて幸せ♪ 四国最果ての楽園

    高知県の西端にある柏島。エメラルド色の透き通る海は、沖縄にも負けていない、まるで地中海のようだ、と話題になっています。アクセスが悪い反面、のんびりと楽園気分を楽しむことができました。

    観音岩

    信じられない自然の造形美、日本一の観音岩

    柏島の近くには、日本一観音様に似ていると言われる岩があります。まるで手を合わせていように見える、約30mの観音岩。断崖絶壁の岩肌と太平洋の大海原に立つ、迫力ある景観は驚きでした。

    大堂山展望台

    四国最果ての楽園を一望できる、絶景の展望台

    高知県の西端、四国最果ての秘境と言われ、透明度の高いエメラルド色の海が人気の柏島を一望できる展望台です。楽園という言葉がピッタリの島の絶景は最高でした。

    柏島について

    高知県の西端、幡多郡大月町にある柏島は、周囲約4kmの小さな島。沖縄にも劣らない透明度抜群の海や日本一魚の種類が多いといわれ、海水浴やダイビングスポットとして人気があります。

    アクセス

    島ではありますが、橋で繋がっているため車でアクセスすることができます。ただ、高知市内からも約3時間(高知ICから四万十町中央IC経由、56号線[中村]→321号線[足摺]→43号線[柏島])ととても遠い場所にあります。同じ四国の香川県からは約5時間(高松中央ICから四万十町中央IC経由)です。また電車とバスを乗り継いでいく手段もありますが(最寄:土佐くろしお鉄道宿毛駅からバス→ふれあいパーク大月乗換→柏島行き終点)連絡がよくなく時間がかかるようです。

    食事

    食事のできる店はあまりありませんので、手前の『道の駅・大月』のレストランやコンビニで食べておいた方がいいかと思います。※柏島海水浴場近くの「魚ごころ」で食事ができますが、人気がゆえに入れないことがあります。

    魚ごころ

    宿泊施設

    柏島周辺でおすすめの宿泊施設は下記より

    柏島でおすすめの宿泊施設
    \ 最新情報 /

    【特設ページ】インスタ映え絶景島旅