目に映るもの全てが美しい『波照間島』観光

日本最南端の有人島である沖縄県の波照間島(はてるまじま)でおすすめの観光スポットを紹介します。国内で最も美しいと称されるビーチや天然のプラネタリウムと絶賛される星空など、目に飛び込んでくるもの全てが奇跡的な美しさを誇る島の見所を実際に訪れた方々がCity's Prideに投稿した『自慢の旅行スポット』を基に厳選しました。また旅行する際は、波照間島へのアクセスや移動手段、観光の所要時間などを基本情報よりチェックしてください。
基本情報はこちら

波照間島の星空

集落から少し離れると街灯などに邪魔されることもなく満天の星空と出会うことができ、手が届きそうなほど空いっぱいに広がる星空に感動!星が多すぎて星座がわからないほどです☆

波照間島いると時間の流れを忘れてしまう。夜になると空一面に広がる星空。自分の目に映るすべての景色に星がありました。

ニシ浜

一般人が行くことができる場所で、日本最南に位置する島が沖縄の波照間(はてるま)島です。その北西部にあるニシ浜は日本屈指のとても美しいビーチ。このビーチを目当てに毎年多くの観光客が島を訪れています。

石垣島から船で1時間半の場所にある波照間島(はてるまじま)は日本最南端の有人島。昼は美しい海、夜は満天の星空を楽しめますが、情緒深い夕景は日本の端に来ている気持ちを一層感じさせる特別な光景です。

毛崎

日本最南端の有人島・波照間島の西側にある毛崎海岸は、隠れ家のようにひっそりとした小さなビーチ。そこには砂浜ではなく珊瑚が一面に広がり、「珊瑚の浜」とも呼ばれています。

波照間港

波照間港の防波堤の上からはニシ浜も一望でき、防波堤の向こう側には息を飲むほどの美しい海の景色が広がっています。防波堤でのんびりと海を眺め過ごす時間は最高に贅沢なひととき。ウミガメとも出会えるかも♪

波照間島について

沖縄県八重山郡にあり、人口約500人、面積約13k㎡、周囲約15㎞、本島から約450kmの距離にある日本最南端の有人島です。

アクセス

石垣島の空港から車で約20分の離島ターミナルから1日4便ある高速船に乗り、波照間島波照間港まで約1時間(片道 3,090円)。※波が高くなりやすい地域で運休になることがあります、運航状況は下記のページより確認できます。

安栄観光 高速船

移動手段

基本的には、民宿やレンタルショップで自転車やバイクを借りて移動。もしくは限りのあるレンタカー。

ねも自転車西浜荘ハウス美波レンタカー オーシャンズ

観光の所要時間

主要観光スポットは自転車で2~3時間、星空観賞を含め1日程度。

宿泊施設

10以上の宿泊施設があり、おすすめはハテルマブルーを一望できる『ペンション最南端』

ペンション最南端ゆったい ラグーン
\ 最新情報 /
投稿する