群馬を彩るお花の名所

群馬県の観光でおすすめのお花の名所を紹介します。11万本のひまわり畑が広がる「丹生湖」や北関東最大級のバラ園「敷島公園ばら園」など、四季折々の美しい花が咲き誇る場所を、実際に群馬を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かったお花の名所』を基に厳選しました。

群馬を彩るお花の名所 4選

東武トレジャーガーデン

芝桜やネモフィラが咲き誇る広大な花の楽園

群馬県 館林にある、東武 トレジャーガーデンでは、25万株のピンクや白などの芝桜が広がる芝桜のガーデン、ネモフィラが咲く青のガーデン、ローズガーデンなど見所満載の素敵なお花畑が広がります。

丹生湖

小高い丘に咲く11万本のひまわり

丹生湖からほど近い丘で、11万本を越えるひまわり畑が楽しめます。7月下旬から8月上旬が見頃!ひまわり畑越しに眺める、丹生湖も絶景です。

安中ポピー祭り

地元の住民が丹精込めて育てたポピー畑

県道沿いの休耕地に草が生い茂っていたことから花で地域ににぎわいを取り戻そうという運動から今の立派なポピー畑ができました。ポピー畑の中に入るとあたたかい気持ちになりました。

敷島公園ばら園

無料で楽しめる北関東最大級のバラ園

バラ花壇やイングリッシュガーデン、スタンダード仕立て様々なバラが楽しめるのが、このばら園の特徴となっています。県内外から観光バスが来たり、外国からの観光客もきてみなさん美しいバラにみとれていました。


群馬県の旅行スポット