香川の夏を彩るひまわり畑の名所

香川でおすすめのひまわり畑を紹介します。約100万本が咲き誇る四国最大級「中山ひまわり団地」をはじめ、例年7月下旬から8月上旬にかけて見頃を迎える向日葵が美しく咲き誇る名所を、実際に香川を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かったひまわり畑』を基に厳選しました。

香川の夏を彩るひまわり畑の名所 3選

仏生山ファーム ひまわり畑

レトロな町に、5万5千本ものヒマワリが咲き誇るワンダーランド

仏が生きる山と書いて『仏生山』は、門前町として繁栄し、昔の町並みが残るエリア。夏にはレトロな町を5万5千本もの向日葵が鮮やかに彩る。暑いけど、気分は爽快になる「夏の花見」としてイチオシのスポットです♪

ひまわりの里まんのう 帆山

7月上旬にひまわりの町で見れる黄色の絶景

町全体をあげて向日葵を栽培していることで有名な「まんのう町」。7月上旬から中旬にかけて全体で22ヘクタール、100万本のヒマワリが咲き誇る黄色の絶景を見ることができます。帆山地区はその中心です。

中山ひまわり団地

ひまわりの黄色い絨毯が広がる夏のフォトジェニックスポット

ひまわりの町として知られる「まんのう町」には、7月上旬から町の至る所に向日葵畑が広がります。中山地区は人気エリアの一つであり、傾斜があるため上から眺めると黄色の絨毯が広がる絶景を見る事ができますよ♪