小豆島でおすすめの絶品グルメ『ひしお丼』

醤油造りが盛んな香川県小豆島(しょうどしま)のご当地グルメ「ひしお丼」を頂けるおすすめのお店を紹介します。島の恵みである野菜や魚介を名産の醤油やもろみで味付けしたひしお丼は、島内の様々なレストランやお食事処で頂く事ができ、それぞれ味が異なります。そこでイチオシの場所を、実際に小豆島を訪れた旅行者がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど素敵だったグルメ』を基に厳選しました。
基本情報はこちら

リゾートホテル オリビアン小豆島

穏やかな海景色、そして小豆島食材を120%楽しむ「ひしお丼」

小豆島の醤油、瀬戸内海の魚介などを使った「ひしお丼」は小豆島のご当地グルメ。ホテルオリビアンでは2種類の醤油の違いを楽しむ海鮮丼!ホテルならではの高台からの瀬戸内海の眺望もいい感じですよ。

サン・オリーブレストラン

親子丼スタイルで楽しむ小豆島の名物グルメ『ひしお丼』

小豆島の魚や野菜、そして醤を使うご当地どんぶり『ひしお丼』。ここでは、地鶏のお肉と卵の親子丼スタイルです!小豆島のおいしいお米にこだわった素材抜群の『親子ひしお丼』を頂けます。

カフェ忠左衛門

醤油とオリーブのマリアージュ、小豆島の恵みが詰まったひしお丼

小豆島は醤油づくりの郷。上質な醤油と経営する農園のオリーブを使ったにんにく唐辛子オイルで島の野菜や魚を味付けしたヘルシーなひしお丼。小豆島の恵みが詰まった逸品です。

オリーブパレス レストレア

1日10食限定。洋風になった名物『ひしお丼』

小豆島の魚や野菜、そして醤を使うご当地どんぶり『ひしお丼』。島内の様々なお食事処で頂けます。ここはオリーブ飯に魚のフリッターや野菜をのせ、ひしお味噌をソースとした1日10食の珍しい洋風ひしお丼♪

ひしお丼について

醤油の島と呼ばれるほど、醤油造りの伝統がある小豆島の名物グルメ。特産のオリーブなど島の野菜や魚介をふんだんに使い、醤油やもろみで味付けをする丼であり、大きな定義はあるものの、各お店が個性を発揮した『ひしお丼』を作っているので、見た目や味も様々です。その他にも島の絶品グルメを下記の記事で紹介しています。

小豆島でおすすめのランチ

小豆島の観光案内

お腹いっぱいになったら、次にお出かけする場所として、おすすめスポットを下記の記事で紹介しています。

小豆島でおすすめの観光スポット
\ 最新情報 /
投稿する