フォトジェニックなアートを楽しめる『直島』のおすすめ観光スポット

香川県直島(なおしま)でおすすめの観光スポットを紹介します。世界的な人気を誇り、瀬戸内海に囲まれた美しい景観とアート作品や美術館が融合した非日常的でフォトジェニックな空間を楽しめる島でイチオシの場所を、実際に直島を訪れた旅行者がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど素敵だった観光スポット』を基に厳選しました。
基本情報はこちら

赤かぼちゃ

島の玄関口、大人気のフォトジェニックアート『赤かぼちゃ』

フェリー乗り場の広場にある草間彌生作品『赤かぼちゃ』。最初に目にするシンボル的なオブジェで、中に入って楽しむ事もできる大人気のフォトジェニックアートです。

直島パヴィリオン

浮かんでる!? 巨大なステンレスアート『直島パヴィリオン』

直島町の新しい島(28番目)をコンセプトに作られた白い巨大なステンレスアート。中に入ることができて、網目越しに空を見上げると浮遊しているような不思議な感覚になるフォトジェニックアートを楽しめます。

南瓜

一番人気!? 行列のできるフォトジェニックアート『南瓜』

爽やかな青空のもと、黄色く映える草間彌生作品『南瓜』。世界中から訪れた観光客がここ写真を撮るために行列を作る、島で一番人気のフォトジェニックなアート作品です。

恵比須神社

さぬき百景に選ばれた、砂浜に立つ美しい鳥居

琴弾地海岸の砂浜に立つ鳥居は、瀬戸内海を望み、その美しい景観はさぬき百景に選ばれています。アート作品の『南瓜』の近くでもあり、島で人気の撮影スポットの一つとなっています。

ベネッセハウス ミュージアム

建築そのものがアート、自然に囲まれた壮大な美術館

まるで神殿の様な美術館は「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに島の自然を感じながら、現代アート、そして建築自体を楽しむ事ができます。高台に建つため、テラスから島の絶景鑑賞もお勧めです。

地中美術館

安藤忠雄設計の地中に埋設された美術館

クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの三名の作品があります。アーティストと建築家がかなでる芸術を楽しむことができます

クロード・モネ「睡蓮」とシンクロする小池

クロード・モネ「睡蓮」の作品を模した池や植物が美術館入口付近にあり、作品を見た後にこの景観をみると芸術の世界観への感動に浸りました。なんて素敵なんでしょう

護王神社

暗闇の芸術、魅惑の地下空間が広がる神社

神社とアートが融合した『護王神社』。神社の地下へと伸びる狭い通路を入ると、そこには本殿へとつながる「ガラスの階段」。そして振り返れば素敵な海景色が見える、魅惑の地下空間を持つおすすめの神社です。

直島港(本村港)

芸術の島で思わず2度見! アートすぎるターミナル

島のターミナルと言えば西側の宮浦港が有名ですが、本村エリアの小型船ターミナル『直島港』が雲の様な巨大アートとして新たに完成しました。芸術の島は、港から楽しむ事ができます♪

宮浦港

アートの島の玄関らしいスタイリッシュな透明感のあるデザイン

建築家にとっての最高の栄誉とされるプリツカー賞を受賞したSANAAによるデザインで海の透明感とマッチするような空間でした

直島について

香川県香川郡直島町にある直島(なおしま)。人口は約3,000人、面積は約8k㎡、周囲は約16㎞。美術館や島の至る所にアート作品が展示される芸術の島として世界中から観光客が訪れる人気の離島。

アクセス

香川県の高松港から宮浦港(直島)まで1日5便の大きなフェリーで約50分(片道520円)、もしくは1日1便(期間限定で4便)の小さな高速旅客船で約25分(片道1,220円)です。また、位置的には岡山県の方が近く宇野港から宮浦港まで1日13便のフェリーで約20分(片道290円)、もしくは1日3便(期間限定で4便)の旅客船で約15分(片道290円)です。

フェリー運航表

移動手段

車、バス、自転車。駐車場の問題や道が狭い所もあり、行きたい場所へ自由に行ける自転車での移動がお勧めです。宮浦港周辺で自転車の貸し出しを行っているお店がいくつかあります。観光エリアは、自転車で十分回ることができますが、坂道もあるので電動アシスト付きの自転車をレンタルできればさらに良いと思います。また、公共交通機関のバス移動と徒歩でも問題なく観光できます。※イベント開催期間中などはレンタル用自転車の在庫がなくなる事もあるので、港に着いたらすぐにレンタルすることをお勧めします。

観光の所要時間

1日から2日程度。美術館や展示されているアート作品も多いので、ゆっくりと芸術鑑賞を楽しみたい方のために、島にはホテルや民宿などの宿泊施設も揃っています。

食事

お食事処、カフェ、レストラン、パン屋もあり、どこで食べるか迷う程、お店が揃っています。ランチや休憩でカフェの利用は多いと思います、そこで島でおすすめのカフェを下記の記事で紹介しています。

直島でおすすめのカフェ

宿泊施設

美術館とホテルが一体となった『ベネッセハウス』をはじめ、民宿も揃っています。ただ世界中から観光客が訪れる人気の島です、イベント開催期間中など時期によっては宿泊予約が取れないこともあるので早めに計画することをお勧めします。

ベネッセハウス直島のホテル・旅館

周辺の島々

小豆島周辺の島々の観光ガイドは下記の記事で紹介しています。

小豆島観光豊島観光男木島観光女木島観光
\ 最新情報 /