青森県の観光スポット

巨大な像の載った山車が練り歩く国内屈指の夏祭りねぶた祭りや日本一のりんごの産地として有名な東北地方の北部に位置する青森県(あおもり)でおすすめの観光スポットを、実際に青森を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった観光スポット』に基づいて掲載しています。日本一の桜の名所として知れれる「弘前城」、水鏡となり真っ赤なに燃え上がるような紅葉の絶景スポット「蔦沼」、大規模な田んぼアート発祥の地「田舎館」、名物であるヒラメの漬け丼やりんごスイーツなどのグルメが人気です。

地域
観光

観光スポットランキング [1-10]

1仏ヶ浦

圧倒的スケール!海岸に立ち並ぶ真っ白な巨岩群

仏ヶ浦は青森県の下北半島に位置する巨岩・奇岩の並ぶ場所です。圧倒的スケールの巨岩がゴロゴロ転がっている様子はまさに絶景です。また海の青さと岩の白さのコントラストがさらに美しい景色を造り出しています。

2弘前公園

今にも動き出しそうな推定樹齢300年のイチョウの巨木

弘前公園の中には推定樹齢が百年を超える古木がいくつも立っています。中でも、根っこの部分が露出していて動き出しそうな雰囲気のある推定樹齢300年を誇るイチョウは見応え抜群です。

3弘前城

秋と冬の狭間にしか見れない雪と紅葉のコラボレーション

気温が低くなる11月のこの時期、紅葉が終わりきらないうちに雪がうっすら積もり、色鮮やかな紅葉を引き立てて特別な景色を見せてくれました。紅葉と雪のコラボが見られるのは降雪が早い地域だけ!

4十二湖

自然の神秘!目を疑うほど青い湖

世界遺産・白神山地の自然林とそこにある湖沼群を散策できる十二湖エリア。中でも「青池」の美しい青色は目を疑うほどです。ちなみに、青池がなぜこんなに青いのかは、現代の科学でも解明されていないのだとか。

5蔦沼

陽が差し込んで真っ赤に色づく蔦沼の紅葉

紅葉の季節の八甲田・蔦沼は、朝陽が差し込む瞬間に森が一気に色づき、静かな水面に映ります。息をのむほど美しい絶景!青森自慢の水鏡です。凛とした秋の空気のなか、贅沢なこの絶景をぜひ体感してほしい…!

6国際芸術センター青森

森のなかに点在する芸術・アート

芸術センターの周囲にはたくさんのアートが点在していて、森と一体化していたりとユニーク!

7田舎館 田んぼアート

発祥の地で楽しむお米だけで作られたアート

田んぼアート発祥の地である田舎館(いなかだて)村。普段から口にしているお米だけで、これほど大規模なアートができている様は感動的です。時期によって少しずつ色が変わっていく自然のアートを満喫しましょう。

8奥入瀬渓流

奥入瀬渓流を彩る、散策がさらに楽しくなる紅葉の風景

青々と茂っていた奥入瀬渓流も、紅葉で色づくと雰囲気がガラッと変わります。渓流沿いの遊歩道を歩けば出会う滝の数々と、黄金の森。新緑の季節とはまた違う見どころがたくさんあります。

9青森ねぶた祭

「ハネト」の衣装で参加!巨大ねぶたが迫力満点な東北最大の祭

毎年8月に開催される青森ねぶた祭。迫力のある巨大なねぶたが街中を練り歩きます。見ているだけでも楽しめますが、この祭では誰でも「ハネト」という踊り手になって参加でき、祭をより楽しめるのでおすすめです!

10津軽国定公園袰月海岸高野崎

本州の北の端、透き通るほど美しい海岸から一望できる景色

晴れた日には北に北海道、西に龍飛崎、東に下北半島が一望できる景勝地です。遠くまで見渡せる広い海と空に、心まで開放されるよう。

PREV

青森県

投稿する