秋田県の観光スポット

重要無形民俗文化財に指定された、怖い仮面ナマハゲが無病息災や田畑の実りをもたらす風習が有名な東北地方の北西部に位置する秋田県(あきた)でおすすめの観光スポットを、実際に秋田を訪れた旅行者や地元民がCity's Prideに投稿した『自慢したいほど、本当に行って良かった観光スポット』に基づいて掲載しています。東北三大祭りの一つに数えられる「秋田竿燈まつり」、苔むした石に囲まれた幻想的な滝の絶景「元滝伏流水」、みちのくの小京都と呼ばれ武家屋敷が多く残るレトロな町「角館」、名物であるきりたんぽや稲庭うどんなどのグルメが人気です。

地域
観光

秋田県の観光スポット 7件 [1-7]

川原毛大湯滝

滝つぼが露天風呂に!?20mの高さから落ちる湯の滝

秋田県南部にある川原毛(かわらげ)大湯滝では、夏季限定で滝つぼの露天風呂に入ることができます。混浴ではありますが、露天風呂と言っても水着着用での利用となるので、温水プールのように楽しむことができます。

元滝伏流水

苔むした石に囲まれた幻想的な滝

秋田県のにかほ市にある元滝伏流水はとてもきれいな滝の流れる場所。元滝自体への道はもう立ち入り禁止となっていますが、こちらの元滝伏流水でもその幻想的な雰囲気を味わうことができます。

秋田竿燈まつり

東北三大祭りの一つ!270本以上もの竿燈による手に汗握る演技

毎年8月上旬に開催される秋田竿燈まつりでは、稲穂に見立てた270本以上の竿燈が一斉に挙げられます。高さ12mもの竿燈を腰や肩、額などで支えるパフォーマンスは、間近で見ているとハラハラ、ドキドキ!

武家屋敷

しだれ桜の名所は秋も名所!壁からあふれる角館武家屋敷の紅葉

角館武家屋敷はしだれ桜の名所として知られています。そして実は小田野家など、壁から大きくはみ出るくらい紅葉が見事な屋敷もあります。春や秋にはライトアップもされますよ!

田沢湖

日本百景の一つ!青く透き通る日本で最も深い湖

田沢湖は秋田県の東部、岩手県との県境近くにある湖です。その深さは最大423.4mを誇り、水の透明度もかなり高いため、青色の強い湖となっています。

桧木内川堤

東北屈指の桜の名所

小京都と言われている、秋田県 角館も桜が開花をした様で、日本さくら名所100選に選ばれている、約2kmに及ぶ桧木内川堤、武家屋敷通りに沢山の桜が咲き誇ります。

角館

別名「みちのくの小京都」!新緑に囲まれた武家屋敷通り

秋田県の東部に位置する角館(かくのだて)は歴史ある武家屋敷が多く現存する町。それぞれの屋敷には立派な木が植えられており、初夏には新緑に囲まれます。

PREV
NEXT

秋田県の旅行スポット