愛知県の観光スポット


愛知県でおすすめの観光スポットを紹介します。 実際に愛知県を訪れた旅行者や地元民が、City's Prideに投稿した、自慢したいほど「本当に行って良かった!」と思えた素敵な観光スポットに基づいて掲載しています。全16件 [1-16]

地域
ジャンル

名古屋城

重量およそ88キロ!黄金に光り輝く「金のしゃちほこ」

体長2.5メートルを超える一対の金鯱が印象的。官公庁の建物が並ぶ市街地からほど近く、悠然と佇む名古屋城は徳川家康が天下統一のために築いた最後の布石。夜間のライトアップが、その白壁の美しさを際立たせる。

渥美半島

ここは日本のカリフォルニア?陽光きらめくビーチ

夜明け前からサーファーが集う県内随一のビーチ。水面を染める黄金の陽光が、真新しい1日のはじまりを感じさせる。詩人、島崎藤村の『椰子の実』の舞台でもある渥美半島は、あたたかな南国の雰囲気に満ちている。

国宝 犬山城

かつては激動の戦国合戦の舞台!木曽川に臨む美しい雄姿

犬山城の歴史には織田・豊臣・徳川と名だたる戦国武将が登場!山上に佇む孤城のように見える、木曽川沿いの歩道は撮影の穴場スポットです。城を熟知した「犬山写真とります隊」の活気溢れるおもてなしも素敵でした!

名古屋市科学館

カールツァイスの本機がかっこよすぎる日本最大のプラネタリウム

最高にリアリスティックなプラネタリウムで宇宙と星とカールツァイスに思いを馳せて。椅子が心地よすぎるので睡魔にご注意。他にも天体関連のメカやケミカルな展示などボリュームたっぷりで魅せてくれる科学館です。

常滑やきもの散歩道

いたるところに常滑焼!壁一面に土管を埋めた珍しい光景の小道

埋め込んだ土管と焼酎瓶で壁面が崩れるのを防いだ土管坂と、温もりを感じる木肌の店舗が連なる町並み。足元まで焼き物で造られた道を行くと、違う時代にタイムトリップしたような感覚を味わえる。

焼き物好き必見!常滑焼に囲まれた散歩道

愛知県常滑市の名産品である常滑焼。その欠片などを使って作られた散歩道は壁や道自体が常滑焼で彩られています。小さくてかわいい動物の焼き物や登り窯といった見どころもお見逃しなく。

藤前干潟

大都市名古屋のオアシス、約170種の鳥類と出会える静謐な干潟

ラムサール条約に登録された干潟。市街地の喧騒から離れて自然に触れるのにもってこいの場所だ。カモやチドリといった渡り鳥が飛来し、アオサギなどの留鳥が生息する。コメツキガニなど、水辺の生物にも出会える。

東山動植物園

地球の仲間が集結!500種を超える生き物と出会える動物園

開園からおよそ80年。緑豊かな敷地内に、世界の各地から集められた動物たちが暮らしている。彼らの生態を学びやすいように工夫された展示の数々、心惹きつける撮影スポットでもある。

南極観測船ふじ

18年間の南極航海を終え、歴史的資料として保存された砕氷艦

目を引くのは、係留されている船体の鮮やかなオレンジ色。南極観測隊の活動をテーマとした映画やドラマのさまざまな場面が喚起される。傍らの芝生広場には、南極で生き延びた樺太犬タロ・ジロの像も。

白鳥庭園

中部地区最大級の日本庭園で楽しむ紅葉ライトアップ

市街地で堪能できる紅葉狩り。和の建築ともみじの木々が織り成す、のびやかでしっとりとした景色。水面に映る秋の色彩も美しい。

犬山城下町

犬山城下、歴史保存とトレンドが同居する本町通り巡り

日本最古の城「犬山城」の城下町。日本古来の四季模様を眺めながら、名店MAP片手にトレンドグルメ、トレンド商品を見つけて。外国人観光客にも人気のエリア。

愛・地球博記念公園

万博の感動が蘇る!300点以上の展示物と緑豊かで広大な敷地

記念館では、寄贈された数々の展示物を観賞することができる。季節の花々や森と、近代建築が融合した広大な敷地。万博のテーマであった「自然の叡智」を思い起こさせる。

徳川園

尾張徳川家の邸宅。照葉樹の森に造られた歴史を感じる日本庭園

周囲の喧騒を遮断する滝の音。季節ごとに色合いを変える鮮やかな植物の茂み。都会とは思えないような静寂に身を委ねてみよう。この美しい場所は、かつて尾張藩主の隠居所であったというのもうなずける。

香嵐渓

4000本のもみじが作り出すパレットのような紅葉

巴川の両岸に植えられたもみじは江戸時代の寛永11年(1634)が始まりとされる。赤や黄、橙色のもみじは空の青、針葉樹の緑とのコントラストが美しい。

熱田神宮

日本の美しい伝統、婚礼や七五三で賑わう由緒ある古社

日本の三種の神器の一つ、草薙神剣が鎮座する由緒ある古社。11月前後は七五三詣で晴れ着を着た可愛らしい子供たちや、白無垢姿の花嫁さんで境内は賑わいます。外国の方に見てほしい伝統的な美しい光景です。

海辺の文学記念館

東海地方屈指の保養地。文豪たちの愛した海岸風景

志賀直哉や谷崎潤一郎、川端康成といった作家たちの作品に描かれた美しい風景を堪能してみてはいかがだろうか。大正・昭和時代に彼らが滞在した常磐館のあった場所からは市のシンボルである竹島を望むことができる。

博物館明治村

移築復元された歴史的価値のある建物

重要文化財などを含む多くの建物を間近で見ることができ、実際に走る蒸気機関車に乗ることも出来ます。その歴史的景観は価値が高いのはもちろん、レトロな雰囲気に懐かしさを感じます。

PREV
NEXT

新着

【特設ページ】インスタ映えスポット